t0171-01

1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 17:48:06.26 _USER.net
イヌは人間の最良の友、関係のカギは遺伝子に (AFP=時事) - Yahoo!ニュース

【AFP=時事】「自分には犬を引き付ける魅力がある」と思っているとしたら、もう一度考えてみてほしい──。29日に発表の研究論文によると、
その力は異種間の友好性に関連する遺伝子のなせるわざなのかもしれないというのだ。

 餌をあげたり、投げた物をとって来させたりといった行為によっても、互いの絆は強くなるだろう。だが、数百匹のイヌを対象にした実験とそのゲノム(全遺伝情報)の詳細な分析により、人に親しみを持つイヌと一握りの遺伝的変異体との間に、明らかな関連性があることが研究では示された。

 この遺伝子は、人では社交性をつかさどり、自閉症やADHDなど神経系の問題にも関連している。

 スウェーデンのリンショーピング大学(Linkoping University)のパース・イェンセン(Pers Jensen)教授(動物行動学)はAFPの取材に対し、「われわれの研究結果が示しているのは、イヌと人間の間には社会的行動における共通の遺伝子的基礎があるということだ」と語った。

 最初に家畜化されたイヌは、約1万5000年前、おそらく人間の存在に慣れたオオカミだった。実際、イヌがオオカミと袂を分かつのは、人間との交友を求める生まれつきの傾向を発達させてきたかどうかだ。

 いくつかの実験で明らかにされているのは、家族のペットとして育てられたイヌの子どもとオオカミの子どもとを比べると、成体となってから解決のできない問題に直面したときに、イヌは人間の助けを求める傾向があるのに対し、オオカミにはそれがない。

■家畜化の中で進化したのか、それとも…
 そこで、イェンセン教授と同僚らは、400匹以上のビーグルを用いて実験を行った。イヌは全て同じ条件下で成長し、また人間との接触レベルも同じだった。

 実験では、3つのボウルが用意され、イヌは透明のふたを外して中の食べ物を得るようになっていたが、うち1つはなかなか開かない仕組みとなっていた。研究者らは、この設定において、イヌがどの程度人間の助けを求めるかを記録した。そして、それぞれの個体のDNAコードを調べ、実験での行動と特定の遺伝子変異体との一致を探った。

 その結果、イェンセン教授らは、人間の助けを求める傾向にあったイヌとの強い相関性をみせた5つの遺伝子を特定。それらは、人間の社交性と関連のある遺伝子と同じだった。ただ、これらの遺伝子が厳密にどのように影響を及ぼすのかは、まだ不明だ。

 これらの遺伝的変異体をめぐっては、イヌの家畜化の中で進化したのか、それともその前からずっとそこにあったのだろうか。この謎を解くために、イェンセン教授は現在、オオカミの遺伝子の配列決定を行い、オオカミが同じ変異体を持っているのか否かを調べている。

 人間に馴れた最初のオオカミに、今回の実験で人に助けを求めたイヌと同じ変異体があったことは十分に考えられ得ることだ。イェンセン教授は、「これはわたしの直観だが、オオカミの群れの中にも同類の遺伝的変異があるように思う」と語っている。【翻訳編集】 AFPBB News



2: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 17:50:27.26
いっぽうネコは人間の最良の神



3: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 18:08:33.57
盲導犬は、一生人間の奴隷
盲導犬は、一般の犬と比べて、幸せなのだろうか???
普通のペットの犬の自由な散歩や、はしったりもできない盲導犬!



38: 名無しのひみつ 2016/09/30(金) 21:56:08.93
>>3
いずれ盲導ロボットや、再生医療もしくは機械化での視力回復が成立するようになるさ



40: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:04:44.59
>>3
お前の妄想では、 犬の「しあわせ」は、はかれんよw



45: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:16:43.57
>>3
犬の賢さには大差がなくて訓練すればどんな子も盲導犬にできる。
ただし、訓練結果が優秀でも「走り回りたい子」は適正がないとされて盲導犬にはしない。
という話をTVか何かで見た。



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1475225286/



6: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 18:17:13.97
>遺伝的変異体をめぐっては、イヌの家畜化の中で進化したのか、それともその前からずっとそこにあったのだろうか

もともとあるわけないやん



7: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 18:19:33.15
飼い犬て自分を犬だと認識してるんだろうか?



9: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 18:28:12.51
でも猫の方がめんこいし



11: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 18:38:48.59
猫派の自己愛は異常、猫でごまかしてるが君らは全くかわいくないから



12: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 18:41:31.33
・その突然変異の遺伝子をもったオオカミの個体はいた。 突然変異は人為選択とは基本的に無関係。

・その遺伝子を持ったオオカミが人間との接触によって人為選択されて子孫を多く遺し、犬へと進化していった。


問題はこの遺伝子が人為選択される以前から自然選択されていたものなのかどうか。
つまり「前適応状態」があったのかどうか。



13: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 18:43:39.42
>これらの遺伝子が厳密にどのように影響を及ぼすのかは、まだ不明だ。

遺伝子って決めつけるのはちょっとな。
猫といっしょに育てると、犬でも香箱座りするし。



14: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 18:44:07.12
それは普通に考えてあったでしょう。
イルカやオオカミはすでにして社交的動物で、社会性の遺伝子を多く発達させている。
オオカミ同士で通じる言葉に類するコミュニケーションも発達させている。
だからその社交性=他者依存性に長けた個体が混じっていても不思議じゃない。



15: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 18:47:21.80
今はペットの治療費に100万つぎ込んでも実の親は放置して、勝手に貧困だとわめく変な時代だ



17: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 19:00:25.40
イヌは人間の最良の友とよく言うけど
人間の最良の友が人間ではないという皮肉



26: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 20:00:36.91
>>17
人間のというか、「人類の」最良の友という意味だろ
友というのは自分(人類)以外の存在でないとなれないと思うんだが
お前の最良の友は自分自身なのか?それは寂しすぎw



21: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 19:45:54.41
犬は人の目を見て話を理解しようとする。



23: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 19:47:34.19
性格は遺伝子で大部分決まるんだわ



24: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 19:49:32.99
稲の品種改良だって似た様なものだろ
遺伝子にない性質が無から生じるわけではない



29: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 20:18:11.87
わんこが好きすぎてもう…どうしてこんなに人の言ってること理解してくれるねん!



30: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 20:18:54.51
さみしいよお
また犬飼いたい
去年のクリスマスに死んじゃったんだ



31: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 20:40:31.20
つまり、引きこもりのおまえらより犬の方が高等生物ってことな



32: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 20:45:54.54
>>31
お前そんなに底辺だったのか…。まあそのほうが社会の為だしな!



33: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 21:03:06.18
犬は喜んでいるとき表情に出ている気がするが、
猫は喜んでいるときも無表情に見える。



58: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 00:51:26.74
>>33
ネコは表現方法が違うだけだ
ネコの場合は、嬉しいときにはのどをゴロゴロ鳴らす



61: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 01:28:49.81
>>33
目を細めたり爛々に輝かせたり表情豊かだぞ
四六時中、犬のように付いて回る個体もいる

テメー猫だろ?自分のスペースで自分の時間を過ごせよ、と思っても共通の空間で過ごそうとする個体

家族の誰かが具合が悪くなると起こしに来たこともある

no title


44: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:16:36.52
「進化」(適者生存)しただけ



48: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:24:45.77
狼は社交生物だから、奴隷体質は元々もってるのは当たり前だろう。
それが家畜化によって強化されただけ。



49: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:50:25.77
イヌは忠誠心が高く進化したため
オオカミより自分で考える能力は劣るんだっけ?



53: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 23:47:10.67
前にもこういう研究の記事みた覚えがあるな
ネアンデルタール人とホモサピエンスの違いは、犬を飼うことができたか否かだったとか
犬を家畜化することで他者への共感性が養われてホモサピエンスは栄えることが出来たとか何とか



57: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 00:46:36.46
>>53
犬が出現したときには、すでにネアンデルタール人は存在してないよ



65: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 07:07:15.63
猫の表情は理解しにくいだけで分かりやすい。
見知らぬ野良がこっちに歩み出してきゅっと目を細めている

・猫を知らない人⇒何でガンつけてくるんだよこいつ…
・猫を知ってる人⇒挨拶された!おっすおっす!

昨日もそんな野良ちゃんに絡まれて幸せでした



67: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 09:04:07.79
言葉で文句を言わない存在を求めているだけ



68: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 09:34:59.41
言葉で文句垂れまくりだけどな
飯くれ!一緒に遊べ!散歩連れてけ!などなど



34: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 21:05:32.03
先日話題になったゴビ砂漠マラソンの話なんか見ると やっぱり種を超えた縁てあるんじゃないかと思ってしまう

no title
ゴビ砂漠マラソンで、1匹の犬はランナーを追って走った。本当にあった運命の出会い中国・ゴビ砂漠を、4日間かけて約250キロ走るマラソンに参加したイギリス人のディオン・レオナルドさんは、大会2日目に、スタートラインで1匹の犬が自分を見上げていることに気が付いた。

それが、ゴビとの出会いだった。

レオナルドさんは、その犬が初日もレースを走っていることに気付いていた。しかし2日目は、自分を選んでついてきた、とレオナルドさんはインディペンデント紙に語っている。

「スタートすると、犬が私の横を並んで走っていることに気が付きました。この小さな犬が、ずっと一緒に来るとは全く思っていなかったので、その日はほとんど話しかけませんでした。だけどゴールした後、犬は私のテントに入ってきたんです。その夜は寄り添って一緒に寝ました」

レオナルドさんは、メス犬を「ゴビ」と名付け、水と食料を分けてあげた。3日目もゴビはスタートから一緒に走った。この日は何度も川を渡らなければいけなかったが、その都度、レオナルドさんがゴビを助けた。

ゴビは、行程の半分にあたる125キロを走った。しかし、山脈超えでは、52℃に達する場所もある。暑くてゴビには耐えられない。そこで、レースの主催者が、ゴビをゴールまで連れて行くことにした。ゴビはそこでレオナルドさんを待ち、彼がゴールすると、走り寄ってきた、とレオナルドさんはBBCに語っている。

その後の話はソース元で
(ゴビ砂漠マラソンで、1匹の犬はランナーを追って走った。本当にあった運命の出会い)


n_yaruo
人間に助けを求める遺伝子が狼にもあったら犬みたいに世界中で繁殖してたかもしれないって事かな…


n_syobon
猫は人間を魅了する遺伝子がありそうだ


コメントをよむ・かく
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2016年10月01日 ID:girlsvip-matome