kyoufusyou_ansyo



1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/21(土)22:54:23 (主)
意外に解決すると忘れられていくよね
札幌の婚約者に「警察呼んで」と連絡し遺体で見つかった事件とか。真相はもはや解明不可だけど。
香川の一家3人行方不明でカーペットがL字に切り取られてた事件とか。



3: 名無しさん@おーぷん 2015/03/24(火)20:39:02
>>2

なんだそれ こえーな



4: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)19:43:07 (主)
>>2

ググッたがわからんかった
kwsk



5: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)19:48:37
ググって見たけど、出ていないね
もう30年くらい前
セルフあぼーんした女性がいた
親が本人だと確認したのに、実際は別人、葬式出した後で発覚し、逮捕された
ちなみに、その女は花嫁衣装姿の写真が公開された
全く別人なのに、親が間違えた理由が分からなかったな
保険金目的だったように記憶している



引用元:http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1426946063/



2: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)15:30:17
亡くなった女性が、別人だった話かな
本人が生きていた
親も本人と確認したのに
北海道だったな



6: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)19:55:57 (主)
>>5

親が逮捕まで至ったってことは、セルフあぼーんには一切関与してないけど遺体確認で嘘きましたって自供したって事?
手を汚して無いにしても、勝手に親に亡き者にされた実の娘がいたたまれないな・・



7: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)19:57:49
>>6

ごめん、書き方悪い
逮捕されたのは本人だけね



8: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)19:59:24 (主)
>>7

本人=死んだはずの娘って事?
それってほんとにセルフあぼーんなのかガクブル



9: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)20:01:53
>>8

多分、頃されたんだお
すごく昔であまり覚えてないんだ
ごめんね



10: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)20:22:36 (主)
>>8

なんとなく把握
自殺偽装の他殺保険金詐欺事件ってことか

戸籍上死んだ人間が金を得てどうしたかったのかな。保険金目的の殺害って明確な殺意があって怖いね
トンクス



13: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)21:56:07 (主)
有名どころだけど俺が一番怖いと思った話は、狭山事件だな
1963年、埼玉で起こった身代金誘拐強盗強姦殺人事件。手ぬぐいのアレ。

容疑者の石川逮捕「後」、身代金受け渡しの役を務めた姉など被害者の兄弟2人や事件を再調査したジャーナリストを含む事件関係者の6人が相次いで自殺・変死した

物的証拠、証言、何もかも、何が本当で何が嘘か誰にも分からない。
1977年に無期懲役の判決が下りその後最高裁で再審請求が二度棄却されているという意味では、解決した事件(2015年現在でも物的証拠開示要求などの動きはある)なんだろうね
なぜなら仮に冤罪であっても、重要参考人はとうに死亡しかつ裁判は終わったから←事件よりも人間怖い

でもなんで証拠捏造してまで「生きている犯人」を検挙しようとするんd
おや誰か来たようだ



14: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)20:51:56 (主)
>>13
補足
最後に「証拠捏造してまで何故」と書いたが、俺は別に冤罪派ではない
疑わしきは罰せずの原則があるが、この事件には証拠が証拠になりえないという根拠すら怪しい
よって上記原則にまで至らない
事実、袴田事件と異なり、日弁連の再審請求事件にこの事件は含まれていない
あと、この文章は決して誰かに書かされているものではない



15: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)21:27:47
広島の一家失踪事件かな。
1年後ダム湖で車に乗った状態で全員遺体で発見され
一家心中で決着したけど、真相は分からない。



16: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)21:41:36 (主)
>>15

食卓とか着衣が普段通りの家だったっけ

偽装ではなくホントの心中だったとしたら流石に生きた状態で車に乗った訳ではないよなと俺は思ってる
普段通りの夜に、主人が突然家族全員を殺してからダイブしたのかなと

一家心中の前に一家全員を殺害したとするなら、それは心中と言えるのかなと怖くなる



17: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:00:27 (主)
人居ないし、なんでこんなスレ建てたかを書く

結論から言うと、未解決事件って箱を開けてないから不気味すぎるだけで未解決に至らず解決した不気味な事件と、真相とか動機は同じだと思うんだ

例えば札幌の婚約者に「警察呼んで」の事件は(真相はもう分からないけどほぼ確定でしょう)、あのまま迷宮入りしてたらワラビ取りの「この男の人ワルイ人」並の不気味さを残すか、又は多分婚約者を疑ったままだったと思う
蓋を開けたら不気味な事件でもない
ただし蓋を開けても犯人に対する嫌悪感は変わらないし、婚約者を疑ってしまった事実も変わらないが

だから事件が解決してメディアにも触れられなくなった変な事件にこそ、未解決事件の答えがあったりするんでないかと思うのよ
人が人を殺す理由なんて、多分限られてるんじゃない?
殺人が目的:怨恨、衝動(ついカッとなって的な)、サディズム的欲求
殺人が手段もしくは結果:金銭、自衛、社会的保身
色々間違ってるだろうけど、書き並べてみて結構人間の一次欲求に近い動機じゃないと人は殺せないんだなぁと思った
一つの殺人を隠蔽する為だけに、その殺人と全く無関係の他人を殺人できる人間は、そうそういないと思う

長々とすまんかった
自分で狭山事件出しといて申し訳ないが、未解決じゃなく解決した事件を書き込んでおくれ
多分誰かの書き込みは、どれかの未解決事件の犯人の動機と一致すると思う
解決済みの事件は誰も触れないから忘れられていく



19: 名無しさん@おーぷん 2015/03/27(金)01:36:56 (主)
教えてばかりじゃ悪いから、俺の地元の事件
主観が多いと思う、代わりに地元民でしか知らない事も書く
武富士強盗放火事件

2001年、弘前警察署まで車でたった3分もかからない場所(初動捜査が遅れたとかワロス)に位置する堅田バイパスのレンタルビデオ屋3階の消費者金融に、タクシー運転手がガソリンを持って強盗に入った
店長は脅迫に従わなかった。金が取れなかったにもかかわらず犯人は火を放ち逃走した
そのビルに裏口は無く、正面出入り口を炎で塞がれた従業員5名が死亡し4名が重傷を負った

死亡した従業員には当時20歳の人がいた
俺は直接知らないが、他校の同期卒であり俺の親友の友達だった
被害者のあの子はたまたま会った事がなかったが、もしかしたら親友らと一緒にボーリングやカラオケをしてたかもしれない
もしかしたらそこで働いていたのは俺の親友だったかも知れない
そう考えると、恐怖以上に憎悪を感じた
これまでまともな事件も起こっていない地元で起こった事件

2002年、書庫隠滅を行いながらも犯人は捕まり、殺す意思は無かったと証言
「未必の殺意」が裁判の焦点となる

このあとちょっとだけ続きを書くけど、それを読む前に考えて欲しい事がある
死刑制度ってどう思う?俺は反対だ
人は人の裁量で人を殺す権利があるのだろうか?今でも反対だと考えている
でもそれは偽善なのかなとも気づかせた



20: 名無しさん@おーぷん 2015/03/27(金)06:58:13
>>19

死刑反対だった人権派()弁護士が、奥さんころされて死刑賛成になったそうだ



21: 名無しさん@おーぷん 2015/03/27(金)14:27:37 (主)
>>20

まさにそんな感じ
地元のある有名な寺にこの事件を悼む立派な慰霊碑がある(確か支店長の家がその寺の檀家さん)
去年死刑が執行されたわけだが、彼岸で墓参り行った時、老いも若きも「やっと終わったね」と慰霊碑に手を合わせてた
俺は偽善者だったようで執行されたことに凄い感謝したよ

ちなみに武富士跡地はしばらく看板用地になっていたが今は更地

昨夜は酔っ払った勢いで書きこんだあげく気絶した
大した内容でもなくてすまんかった



22: 15 2015/03/27(金)16:13:58
>>21
ええんやで。
ワイは今の法制度の中では死刑はあってええと思う。でも絶対とは言わんわ。
もし死刑を無くすなら終身刑の採用と遺族の保護・補償制度の充実、
そして殺人・強盗・強姦や致死犯罪での少年法の適用外規定と引き換えやね



23: 名無しさん@おーぷん 2015/03/27(金)16:16:43
>>22

終身刑は、税金で衣食住の面倒をみることになるんだよ



47: 名無しさん@おーぷん 2015/04/06(月)20:47:38 (主)
うちの県で最年少殺人とかいう噂の澤田か。
「窓の外」系オカは色んなバリエーションあるので澤田の話なのかどうかわからんけど
あと↓ちょろっと検索しただけなので、全部信じていいかは各自の判断で
うちの県の有名地方紙をソースにしてるっぽい、やたら内容詳しい&劇的表現なので貼ってみる
はちのへ今昔

以下↑コピペ「以外」のサイトから抜粋した内容
1973年、小学3年。火遊びで住宅3棟全焼
1975年、小学5年。叔母のアパートに遊びに来て同アパートに住む女性(29)の部屋に侵入
机の上にあった5万円を盗もうとしたところ見つかり台所の包丁で数回刺し逃亡しようとしたが負傷した女性はそれでも澤田を捕まえようとしたため台所の別の包丁を用いて更に刺した
切り傷、刺し傷の合計は20か所におよび、女性の死因は頸動脈を切られた為とされている
澤田は翌日空腹で帰宅したところ捕まった
偽装工作として「知らない人に殴られ気を失った」と自分の腕をビニール紐で縛っていた

2007年、43歳。後は
>>23
のおっしゃるとおりでござる


なんかこの事件、調べようとしてもあんまり詳しく出てこないんだよね
なんでだろ
あとなんか包丁が被害者宅の物とか途中で変えるってのが、世田谷一家を思い出させるよね
この内容が本当ならば澤田は怨恨が無くても、金銭目的で世田谷と同様の手段で20か所もメッタ刺しにした訳だ
倫理観が足りない少年時代とはいえ知れべてて怖くなった
いつできたのか知らんけど、少年法いらなくね?



92: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)13:12:07
>>47

さっさと死刑にしてれば被害者は一人で済んだのにな。



84: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)15:33:01 (主)
前に
>>20
が言ってたみたいに司法に携わる人間ですら被害者になると応報を望むのは人間だから仕方がないし、更生の可能性など加害者に配慮すべき事情と同様に、被害者の感情も酌んでこそ公正だと俺は思うんだ
だから裁判員制度導入後、死刑判決が増えたんだろうなと今妙に納得した
応報面に関しては死刑賛成派でも意見が分かれるだろうね
法律も何も知らない素人の個人的考えでした、スレ汚してすまんかった



24: 名無しさん@おーぷん 2015/03/28(土)16:37:22
犯人を死刑で「楽にする」のでさえ、腹立たしいって思ってる被害者遺族とかいたりする。
逆にその人達のためにも必要だと思う
諦める意味で。
やられた側の立場でも恨み続けるのはしんどい



25: 名無しさん@おーぷん 2015/03/31(火)01:35:03 (主)
また地元ネタで悪い。有名な事件らしいけど俺は今日調べるまで知らなかった胸糞な事件
青森実子保険金殺人事件

事件概要
1972年、青森市。父Aが実娘のBちゃんとCちゃんの二人を連れて歩いているところBちゃんが轢き逃げされた事件
しかし実際は父Aが轢き逃げ犯と共謀した保険金目的の委託殺人であった事が判明
父Aは100万円以上の借金を抱え倒産した事業の立て直しを図るためと自供した

1972年の借金100万が現在のどれ程かはわからんけど、高く見積もってせいぜい300万か?
娘を殺す計画を練った父A
どういう心理状態だったのかな?以下勝手な想像
1.会社を立て直さなければ困窮で家族全員が死んでしまう。だから娘一人に犠牲になってもらうしかない
2.娘は親の物なのだから金に変換するのも親の自由だ
3.手っ取り早く保険金殺害がしたいが他人だと受取人に法的に色々束縛がある、なら身内を対象にしよう
4.長女の方が学校、食べ物もろもろ一番お金がかかるから長女にしよう
想像だけど、この中のどれかの展開なのかな

親が自分の子供に手をかけるのは心中、自衛、手に負えないから、他人様にご迷惑をおかけしたから、とかならよく聞く
倒産した自分の会社の金目的は初めて見た

判決がいくら調べても引っかからないあたり、40年たってるし出所してるのかもね
次女がちゃんと生きて行ってるか心配



26: 名無しさん@おーぷん 2015/03/31(火)02:57:43
これも青森県なんだが(別に青森に怨みがあるわけでも、青森は変な事件が多いと言いたいわけでもない)
八戸市の一家殺害事件は覚えてる?
2007年6月28日のことだが、あるアパートで母と息子3人が殺害されているのが発見された。

父親(当時43)が出勤してこないので様子を見に来た同僚が発見したのだが青森県警八戸署は、行方が分からない父親を捜索。
5~6時間後、岩手県で車に乗っている父親を岩手県警の捜査員が発見し職務質問をしたところ
父親は突如逃亡、追い詰められると自らの首を切り
窓を壊そうとした捜査員を振り切って車ごと崖下に転落。
父親は死亡が確認された。死因は首を切ったことによる失血死。

状況から見て父親が犯人なのは明白だが、だからといって捜査終了とはいかないので八戸署では捜査を続行。
その過程で、当日の未明に発生したパチンコ店強盗未遂事件において父親の車が現場付近で見かけられたことも判明。
強盗事件は28日午前2時10分ごろ発生、
家族が殺害されたのは27日午後8時以降の2~3時間ということなので全ての犯人がこの父親ならば、自分の家族を殺した後、パチンコ店に強盗に押し入り失敗して逃走したことになる。

つまり「出来心で強盗に失敗してヤケクソになって一家殺害」というわけではなさそうである。

殺害現場からは父親のものとみられる血のついた衣服と、凶器とみられる包丁が発見された。

警察もマスコミも職場の人や近所の住民、親しい人に聞いて回ったが動機らしきものは発見できなかった。
みな「(父親は)人当たりのいい人だった」というのみ。
ただ、何かイライラしていたと妻が言っていたという証言や父親が駐車場でペットボトルを地面に叩きつけ「片づけろ!」と近所の人に怒鳴ったという話もあり何かがあったのかもしれないが、その「何か」がよく分からない。
末期がんの宣告をされていたという噂もあるが、あくまで噂である。

付近では事件以前、通りかかった男性が何者かに殴られたりサラ金のビルの前で2件の放火があり、この父親と関連付ける説もあったが今となっては不明。

で、この死亡した父親なんだけど、実はその32年前にも殺人を犯している。
当時小学5年生。29歳の女性を背後から襲い、めった刺しにして殺害していた。
その女性のアパートの部屋に盗みに入ったものと思われている。実家は裕福らしいのだが。
その前には火遊びで3軒燃やしている。
でも、保護施設に入った後はまともな高校を卒業し、まともな会社に勤め
まともな女性と結婚し(奥さんはほんとにまとも)まともな家庭を持っていたわけだ……この日までは。

何か、思い出すたびに背筋が寒くなる。



27: 名無しさん@おーぷん 2015/03/31(火)04:26:37 (主)
>>26

知らない事件だった
ちょっとだけ調べてみたけど、容疑者の行動イミフ

一家心中を図った後、強盗未遂後に職質されたのであぼーん、順序がそうならそれって一家心中ではなく一家惨殺後の強盗未遂だ
先に殺された家族、その後のパチ屋強盗。目的が謎、何を得れるんだろ
家族殺した動機は分からないけど、多分その後の強盗とかはヤケだったのかなと思った

最後職質されて己で自分の首掻っ切って死ぬぐらいだから
家族殺した時点で自殺するつもりだったか、もしくは捕まって自白できない事情があったか
前者だと思うけど、なんで家族殺したのかな



42: 名無しさん@おーぷん 2015/04/05(日)10:14:13
>>26

この犯人の子供の頃の殺人事件って幽霊騒ぎあった事件かな



28: 名無しさん@おーぷん 2015/03/31(火)04:38:20
逃走資金にするためパチ屋を襲った……にしてはそれほど遠くには逃げてないんだよな
本当に意味が分からないの
まあ当人は死んじゃったから真相は永久に闇の中なんだけど

子供の頃の犯行が家族にバレたから、という推測もあるけど単なる推測に過ぎないし

で、そんな意味わかんない奴(子供の頃の行動も含めて)がよき隣人として、平和な住宅街で普通に生活してたのが途轍もなく不気味



29: 名無しさん@おーぷん 2015/04/01(水)07:20:45 (主)
以下は非犯罪、暇つぶし程度に聞いてほしいただの実話

今日、久々に飲んでたんだけど以下、非犯罪なんだけどリアルです
初めて変な客と出会ったよ、仙台の有名ダーツバー超健全
俺(33)常連、ただの酔っ払い
話しかけに来る知らない女性客
なぜか複数名の店員から「嫌だったらすぐ呼んでください」と謎の耳打ち、繰り返すが店員複数名からそれぞれ言われた

心霊系の意味ならならどんと来いと思ってたが、リアルにキティな人だった
イマイチ会話が成り立たない、でもカウントアップをちょろっとやった
想像できるかな?
「年上ですよね、姉さんと呼んでもいいですか?」と言ったら

「なんでわかったの」
と、椅子に座ってる状態からグイッと上半身だけ乗り出して迫ってきた
正直にどう見てもメイク越しの40~50代です、ごめんなさい
トイレ行った帰りに柱の裏にずっと隠れてお帰りを待ちましたよ
俺ロックオンの模様www

せめて30代だろう



30: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)01:45:02 (主)
あの時店員に「この人、実害はない只の変な人ってだけじゃないですか」と言ったら
「いえ、あのお客は実害を何件か」(店ばれしそうなので伏せるけど、いい意味で元その道の人)
「実害って何ですか?」「それは・・あ、はいオーダー入りましたー」でかわされた
あんとき酔っ払ってたので、もう一回聞いてくるね
多分なんでもない話だろう

あとオカルト的にこの話題で伸ばす気持ちはさらさらない
むしろ逆で、真実は(せいぜい只のカラミBBA)で、少なくとも俺は知らないからこんなのにビビッてたんだよーって見えないから怖い理論を体現したいだけ

問題は店に入って、奴がいたときなんだけど
万が一なんかあったらスレでら最初にゴメンしておきますね
逝ってきまーす

人間が一番怖いのよ



31: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)01:55:55
変な人にロックオンされやすいタイプの人っているからな
美醜とか関係なしに、たとえば女性だとやたらと変質者や痴漢、ストーカーにまとわりつかれたりやっとイケメンの彼氏をゲットしたと思ったら変態だったり

だからその女性客を振り切れたとしても注意してね
それが最後のおばさんだったとは限らない
第二、第三のおばさんが現れないとは誰にも言いきれないのだから

ごめん、解決した不気味な事件と全然関係ないな



32: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)02:02:10 (主)
>>30

鍵見つからずに探してた

スレ主もそう思うぜw
でもこういうBBAとのでやり取り失敗するとグサッとやられるのかな
犯罪者がそうであるように、被害者も常に紙一重で生活しているみたいだね



33: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)17:05:21 (主)
店員に詳細聞いてきた
泥酔した男性をお持ちかえるBBAらしい
例えカップル客でも男に迫っていくらしいwww
事件性なし、終了

真相知ってしまえば、もはや不気味でもなんでもない
しばらく接触しないように飲み控えますけど



34: 名無しさん@おーぷん 2015/04/04(土)00:37:31
最近自らスレタイから脱線しまくりなので軌道修正。

黒猫事件
2000年。佐賀女性鍼灸師殺人事件。「大きな猫が、窓から入ってきてお母さんを咬み殺した」と長女(9歳)が通報。保険金詐欺の発覚を怖れた犯人による殺人だった。

長女の謎の証言については、混乱とされている。極度の心理ストレスがそのシーンの再生を許さないみたいな、ある意味自衛の幻覚なんだろうね



35: 名無しさん@おーぷん 2015/04/04(土)02:04:42
仕事で地元青森に戻ってるのでスマホからカキコ、やりずれぇ

もう一個、多分みんなの記憶から消えかけている事件

机9文字事件
校庭に机で綺麗に9を作ったアレ
当時あまりのイミフさに不気味だった
何気に解決してたのねアレ…



36: 名無しさん@おーぷん 2015/04/04(土)05:46:08
覚えてる覚えてるwww
騒ぎになって、みんなでよってたかって深読みしたけど
蓋を開いたら馬鹿9人組の愉快な悪戯だったのな

今、wiki見たら
「(犯人の有罪判決について述べた後)
 これは建造物侵入、逮捕・監禁罪のもので、校庭に「9」の字を作った罪ではない」
「作成には午前1時から午前4時まで3時間掛かったという」
という事務的な乾いた文章が逆に笑えた



37: 名無しさん@おーぷん 2015/04/04(土)06:15:23
解決したけど不気味な余韻を残す事件も多い一方
何もかも合理的な説明がつくのに、その説明が欠けたせいで怪事件みたいに思われているのもあるよな
メアリーセレスト号事件みたいに

あと、事件自体は普通だけど生理的にくるやつとか。
たとえば手首ラーメン事件。
1978年、暴力団内部の抗争(組長代行のポスト、屋台ラーメンの縄張り争い)で
東京都中野区の暴力団員とその子分たちが、兄貴分の組員を殺害。
死体はバラバラにして、兵庫と岡山の山中に埋めた。
その後警察が掘り起こし、頭部と胴体と両腕両脚は回収したものの何故か両手首だけが発見できなかった。

捜査本部が「両手首はどこにやったんだこの野郎」と犯人を締め上げたところ
「指紋から身元が判明するといけないと思って持ち帰った。でも始末に困ったので
 屋台ラーメンのダシに使用して、残った骨は粉々に砕いて捨てちゃった」と供述。
勿論、都内は大パニックに陥った。
「あの夜、俺が食べた屋台ラーメン、あれってもしかして……!」
と、警察に問い合わせが殺到。ラーメン業界も、売り上げが3割も減って悲鳴をあげた。

一応、所轄の赤坂署では
「9時間屋台を引いたけどチャルメラの笛は吹かなかったし、客が来ても品切れと言って断った」
という犯人の自供を公表したが、合同捜査していた警視庁捜査4課が「いや~、9時間も屋台を引いて一杯も売れないってこと信じられる?」みたいな空気読まないコメントをしたせいで再び大荒れに。

結局、捜査4課は「あのコメントは嘘。本当に売れませんでした。本当ですよ」と言わざるを得なくなった。
本当だよ、本当に売れてないんだよ、人間の手首でダシを取ったラーメンを食べた人なんていないんだよ……ということに、しておこう。

でもやっぱり気持ち悪いので、この事件は後々都市伝説化することになる。



38: 名無しさん@おーぷん 2015/04/05(日)02:24:52
そそww
机9文字事件は素敵な例だと思う。
そもそも拘束された警備員も人気が無くなってので脱出したとあるので、大した拘束ではなかったんだろうね。
逮捕前→目的不明、カルトか ?深夜に忽然と現れた人間技とは思えない完璧な9。何かの予告か?
逮捕後→ただのいたずらでした。デザイン学部のメンバーの監修のもと、小さな灯りを頼りに3時間かけてせっせと机を並べました。逆さまに見られて6に思われないようにピリオドもつけました。あっ、後、机の中にあった私物は椅子の上に置いておきましたからっ!

センセーショナルな不気味な事件は、誰も傷つかず何も盗まれなかったカワイイ事件に変貌したwww
自己顕示欲で殺人犯す人間は、9文字事件を見習うべきだ



59: 名無しさん@おーぷん 2015/04/10(金)06:27:19
>>38

まあ警備員さんは「洒落になんねーよ!」と思うだろうけどなwww



39: 名無しさん@おーぷん 2015/04/05(日)02:47:22
手首ラーメンに関しては、鍋にいれて最後に骨砕いて証拠隠滅図っただけで、それをラーメンの出汁に使ったって部分は都市伝説だと思ってたけど

「その日は売れなかった」

否定するとこそこなのね…。出汁、使ったのね…



40: 名無しさん@おーぷん 2015/04/05(日)08:57:46
フリッツ・ハールマンの事件を思い出した
彼のせいで90年経った今でもハノーバー地方ではベジタリアンが多いと聞く
まあ、そりゃそうなるよなという気もするが

個人的に怖かったのは横浜バラバラ殺人事件。
普通バラバラ殺人てのは遺体を隠蔽・運搬しやすくするためのもので思ったほどの猟奇性はないものだけど
これは思いっきり面白がって、生きている人間を切り刻んでるからなあ
裁判員裁判初の死刑判決だったやつね



71: 名無しさん@おーぷん 2015/04/16(木)03:29:15
>>40
>>70

横浜の事件は、何か検察側の言い分を聞いた限りでは覚醒剤密輸組織の中で重要なポジションを占めたいばかりに
「俺、簡単に人を殺せるんだぜ!」「俺って歯止めがきかない狂人なんだぜ!」
とアピールしようとしていた節がある感じがする
我々レベルで言うと、自分をサイコパスだと宣言するタイプの間違った自己顕示欲を持つ人間?
(一般的な意味での)中二病こじらせたというか?

ただ、口でそう言うのと実際にやっちゃうのとでは天と地ほどの差があるのでやっぱり宣言通りのキ○ガイとみても問題ないかもしれないけど。
吉田兼好のいうところの
「狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり。悪人の真似とて人を殺さば、悪人なり」
つまり
「狂人の真似だよー、と言って全裸で大通りをヒャッハー言いながら走り回れば
 それはもう本物の狂人です。
 悪人の真似するよーと言って人を殺せば、もはや悪人です」みたいな。



73: 名無しさん@おーぷん 2015/04/16(木)10:22:48 (主)
>>71

横浜バラバラとか、集団暴行とか見てると
常人には出来ない事をやったり、暴行によって自分の優位性を確認する事で力の誇示みたいな欲求が人間にはあるんだろうなと思った
まさに獣の心理だね



74: 名無しさん@おーぷん 2015/04/16(木)12:28:37 (主)
>>71

自己顕示型の異常者ならこう返すのかな?
「世に従えば身苦し、従わねば狂せるに似たり」

決して鴨長明を批判している訳じゃないです
本来の意味は歌人としての崇高なもの
「自分の考えを殺してまで世間に従うのは辛い事、かといって従わなければ狂っていると思われる」



41: 名無しさん@おーぷん 2015/04/05(日)09:16:07
北九州の事件は言わずもがなだな



43: 名無しさん@おーぷん 2015/04/06(月)03:07:12
あった。子供の頃の殺人の件で、被害者の幽霊が出たという噂。
以下コピペ。

これは本当にあった話です。
古い話なので多少間違ってるところがあるかもしれません。
昭和55年、高校生たちがとあるアパートの一室で麻雀をしていました。
1人が何気なく窓の外を見たら、女の人が長い髪を振り乱して踊っていました。
「えっ」と思ったそうです。
その部屋はアパートの二階、座った状態で見える窓の外は空中のはずです。
そう、女の人は空中で踊っていたのです。
みんな大騒ぎになりました。
次の瞬間、躍っていた女の人が飛んできて、その部屋の窓ガラスにへばり付きました。
それは血だらけの幽霊でした。
部屋の中の人たちはパニック状態に、

その頃、隣の部屋の住人は、隣が騒がしいので、
シンナーでもやって騒いでるんだろうと思い、その部屋に怒鳴り込んでいきました。
隣の部屋の住人がドアを開けぱっなしにして入ったため、幽霊が入ってきました。
何人かは窓から飛び降りて逃げました。
隣の住人は腰が抜けて動けません。
そして、その幽霊がダレなのかすぐに分かりました。

その幽霊は、数年前にその部屋で小学五年生の男の子に刺し殺された人でした。

以上コピペ。
踊っているように見えたのは、必死の抵抗か、切られて苦しむ姿の再現だったんだろうな
ただ、幽霊よりも犯人の方がよっぽど怖いけど



46: 名無しさん@おーぷん 2015/04/06(月)19:38:15
>>43

これって新聞記事にもなってたね

昭和50年12月21日午後1時27分、青森県八戸市小中野町新堀の角アパート1階で会社員の女性、沢口(29)が玄関先で血まみれになって助けを求めているのを隣の女性(64)が見つけた。
沢口は20ヶ所を刃物で刺されており出血多量で死亡した。 後ろからふいに刺されて滅多刺しにされたらしい。
部屋から血のついた菜切り包丁が見つかり、それを少年が捨てて逃げていくのを近所の人が目撃しており、小学5年の男子生徒(11)が12月22日午前11時40分、アパート2階のおばの家に戻ったところを保護された。 男子生徒は妹と2人でおばの家を訪問しており、トイレへ行くと1階へ降りた後、悲鳴が聞こえたという。
男子生徒の家は5人家族で、漁船を持ち金持ちだった。男子生徒は昭和48年秋にも近所の家へ行きマッチ遊びをして3棟を全焼させており、沢口方へは盗みに入ったらしい。
なおこの男子生徒はその後、社会復帰したが、平成19年6月に八戸市内で自らの妻子4人を殺害して車で逃走して警察の非常線に引っかかったところを自殺している。突然の一家心中の原因は不明とされた。

【社会】青森・八戸の母子4人他殺体、父は職質中に自殺[07/06/28]

青森県八戸市上組町のアパート1階の会社員沢田秀人さん(43)方で、 妻と長男、二男、三男が死んでいるのを、訪ねてきた 親族が見つけた。
秀人さんは行方がわからなくなっていたが県道わきに停車していた乗用車内にいるところを 岩手県警の捜査員に発見され職務質問を受けた直後、車を後進させて捜査車両に衝突させ、 さらに自分の首を刃物で切り、窓を壊そうとした捜査員を振りきって 車ごと約10メートルのがけ下に転落。
間もなく死亡が確認された




49: 名無しさん@おーぷん 2015/04/07(火)02:41:46
まあ少年法の趣旨からして個人が
(警察・マスコミ、近所の知人は仕方ないけど)
第三者に特定されないようにされちゃうからぼやけた情報しか出てこないのは仕方ない

大人になってからの事件も大概の場合、警察や大手マスコミは前科には触れない。
どうしても事件を語る上で必要になれば話は別だけど基本的には前科者全体への風評被害を防ぐためだと思われる。
ただ週刊誌なんかはそういう縛りがないので、わりとストレートに報道するけど

澤田の場合は少なくとも高校は普通の学校に通っていたからその前には施設を出てるわけだよな

あと、その事件から半年ぐらい後の2008年1月9日夜、同じ青森県八戸市で18歳の長男が寝ていた母親と弟と妹を殺した挙句母親の腹を裂いて中に人形突っ込んでアパートに放火した事件があった
今にして思うと、ちょっとこじらせた感じの少年だったみたいだけど

その事件の狭間で、中年の息子が老父を馬鹿でかいハンマーで殴殺して逃亡する事件があったけどものすごく影が薄い。家族殺害には違いないのに。
あのころの八戸市には一体何があったんだろ……



50: 名無しさん@おーぷん 2015/04/07(火)17:46:47 (主)
>>49

なにそれこわい
少年なんだ・・しかも母親って
未解決で有名な名古屋の受話器入れられた妊婦の事件を思い出した
そういえばどっかの八戸在住の人の個人ブログで「澤田がいなくなっても放火が止まらない、八戸どうなってる」みたいなのを見かけたわ
武富士、秋葉原ぐらいかと思ってたけど青森凶悪犯罪者大杉
青森県民なのにほとんど知らないのは俺が無知なのか
それとも県自体が、少年だろうとなかろうと、凶悪犯罪の報道は自粛傾向なのか



53: 名無しさん@おーぷん 2015/04/08(水)02:53:53
>>50

記者でも警察でも関係者でもない、只の物好きですwww



54: 名無しさん@おーぷん 2015/04/08(水)03:15:00 (主)
少年犯罪の再犯率について
ソースは法務省

抜粋、平成22年度の統計
(補足、その年度の再非行者数/その年度の総検挙数の%なので、再犯率を示す%ではない。つーかデータの並べ方が分かりづらい法務省もっとちゃんとやれ)
一般刑法31.5%
殺人32.6%
傷害・暴行 50.1%
窃盗 30.8%
詐欺 39.1%
恐喝 60.8%
強姦・強制わいせつ 38.3%

まぁ厳密な再犯率ではなくても驚異の数値なんだが、いまいちこのデータの再非行者の定義が分からない
酔っ払ってるからかな?
冒頭の特別調査の対象:平成16年1月から3月に出所した646名ではありえないってのだけは分かるけど
読みづらいし誤解招くぞ法務省、もっとちゃんとデータ並べろ
それとも少年法つぶしたいという意図かな

>>53

流石オカ民様!
ルーカスさんは引っ張られちゃったのかなぁ
明日検索してみますね



93: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)13:18:06
>>53

同姓同名の墓にぶつかって死んだから日本でも紹介されたんであって
そういう事故が多発したら不思議だけど全世界でたった一度なら普通にあり得るんじゃなかろうか?



99: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)03:02:37
>>93

不思議ではないけど不気味とは思わん?
心霊写真とかでも9割9分9厘は合理的な説明がつくというけどそれでも例えば「昔、女性が惨殺されたという曰くつきの場所」で「女性の幽霊に見える何か」が撮影されたとして
よく調べたら、その正体が木の影が偶然そう見えただけというのが判明して不思議でも何でもないことが分かってもその偶然が不気味だなあ、とは思う感じ



56: 名無しさん@おーぷん 2015/04/08(水)03:45:30
おやすみなさいついでに……少年法とは全然関係ないけど
犯人のキャラが立ち過ぎていて強烈な印象を残す不気味な事件。

2003年3月30日午後7時50分ごろ、看護師の女性(22)と友人が自転車で路上を走っていると真っ赤な自転車に真っ赤な服の中年女が「ニシオオゾネはどこですか?」と声をかけてきた。
看護師女性が「道を聞きたいのかな?」と立ち止まったところ赤い女はいきなり包丁を取り出して看護師女性の腹を刺した。
立ちすくんだ友人は、女が自分にも襲ってきそうだったので自分の自転車を女に向けて倒して抵抗。
赤い女は散らばった友人の鞄(財布やケータイ入り)を奪って逃走する際「また刺してやるからな!」と不気味な捨て台詞を吐いたという。
↑この台詞は後に誤報であることが発覚した。

看護師女性は自力で家まで逃げ帰ったが、翌日、多臓器不全で死亡した。
病院で働きながら、いつか青年海外協力隊に参加して世界の人々の助けになりたいと願う
立派な女性であったという。

その看護師女性が死亡していた頃、この女は包丁と赤い自転車を携えて再び出没。
今度は通りかかった別の女性からシャネルのバッグを奪って逃走した。この女性は全治一か月の重傷。

この女は、8月28日午前2時15分ごろ、今度は白いヒラヒラのワンピにハイヒール姿で窃盗を働き近所の人の通報で駆け付けた警察に現行犯逮捕された。

その近所では庭に切り刻まれたリカちゃんだのバービーだの使用済みの生理用品だの赤いハイヒールだのはらわたが飛び出た縫いぐるみだの、とにかく気色悪いものが捨てられる事件が相次いでおり後にこれも、この女の仕業であることが判明。
女の家を家宅捜索したところ、奪われたシャネルのバッグや血のついた包丁などが出てきたため一連の事件の犯人であることも分かった。(続く)



57: 名無しさん@おーぷん 2015/04/08(水)03:45:52
この女・伊田知世容疑者(逮捕当時38)は、幼い頃の極貧生活や両親の離婚などから、金銭への執着と幸せな人への憎悪が激しく取り調べにおいても
「自分のイライラした気持ちがすっきりすると思った。相手が自分より幸せそうなら誰でもよかった」(Wikiより)と供述している。

一応は美人でお洒落に気を使うタイプだったが派手でメルヘンな服をきて赤い自転車を乗り回していることから近所では「ひらひらさん」という謎の怪人扱いであった。

色々と人生の荒波を経験し、仕送りをしてくれる実父に甘えたかったのだが(実父は離婚後、霊能者として一旗あげて裕福になっていたようだ)
実父の愛人と折り合いがあわず、2002年、愛人の衣服を燃やすという暴挙に出たため実父から、仕送り額を30万円に増額する代わりにそれ以外の一切の縁を切られてしまった。
以前、風俗で働いていた頃に出会った男からも毎月17万円の援助を受けていたので働いていないにも関わらず生活自体は裕福だったと思われる。

この頃、何気なく読んだ死体や解剖の本に興味を惹かれ、死体映像のビデオなどを集めるようになる。また人形を破壊するようになった。
やがて、幸せそうな「苦労知らずのお嬢様っぽい女の子」を殺害したいという思いに耐えかね第一の犯行に及ぶ。
しかし包丁で刺した際の手ごたえがあまりなかったので物足りなさを感じ、もう一度女性を襲ったのである。今度はすっきりしたと述懐している。
その後、窃盗を働き逮捕されたのは前述のとおり。

当然、裁判では伊田被告の責任能力が争われたが(その過程で、飼い猫の世話が元でこの女が弁護士を解任したり、色々あった)
精神鑑定の結果、人格障害はあるが責任能力は問題ないということになり2006年2月24日、名古屋地裁で無期懲役の判決が下った。検察側・弁護側双方控訴しなかった。

この事件、当時は結構な騒ぎになったと記憶している。
絵に描いたような「責任能力はあるけどアレな人」で「金持ち憎い」「苦労知らずの幸せな若い女の子憎い」とドロドロで凄く怖かった記憶。



58: 名無しさん@おーぷん 2015/04/08(水)03:49:31 (主)
ひえっ
ひらひらさんって都市伝説じゃなかったのね

間違いなくいい夢みそうだわw



60: 名無しさん@おーぷん 2015/04/13(月)18:37:16
殺人事件までいかなくて只の変質者が妙なことをしただけの事件でもその行為がシュールすぎて妙に不気味なことってあるよね



61: 名無しさん@おーぷん 2015/04/13(月)21:24:15 (主)
>>60

こういうのか

大阪、ブラジャーでひったくり
被害女性「こんなひったくりは初めて」
自転車で帰宅途中だった女性が、前かごに入れていた現金9千円入りの手提げかばんを、黒い原付きバイクに乗った男に追い抜きざまにひったくられた
女性が署に説明した男の特徴は、30~35歳くらい。茶髪のスポーツ刈りで、ガッチリした体形で衣服はまとわず、ピンク色のブラジャーだけを身につけていたという


神奈川、自転車のサドルを200個盗んだ男を逮捕
男は調べに対し「皮の材質や匂いが好きで舐めたり匂いを嗅いだりした」と供述

神奈川じゃないけど俺も中学生の時、塾の前に止めた自転車のサドルだけ盗まれた事がある
確かに女子生徒が多い塾だったが、まさか俺のサドルも・・・!



65: 名無しさん@おーぷん 2015/04/15(水)03:23:32
>>61


変態も行きつくところまで行くと、ターゲットの性別を問わなくなるという話を聞いたことがある。

ちなみに個人的に最近、私の中でヒットした変質者。

2015年4月9日「ほっかいどう安全安心情報」より引用

変質者出没!
4月9日午前0時47分ころ、札幌市豊平区福住2条1丁目に所在するアパート駐車場内で
下半身を露出した事案が発生しました。
特徴は、上半身に女性用下着、下半身にストッキング、頭に女性用の下着を被り、マントをつけた男です。
変質者に遭遇したときは、大声で助けを求めて安全な場所に移動してから110番通報してください。
発信:豊平署



66: 名無しさん@おーぷん 2015/04/15(水)04:20:32 (主)
>>65

うわぁ、変態仮面だぁ(憧れの目)
しかも最近じゃないか

マントwww超シュールww
是非確保したいと思ったのは道警も一緒だろうな、これは狩る側楽しそうだ
しかし疑問なのが下半身の露出
ストッキングごしだったのか、ストッキングの股間部分を破いて露出したのか、それとも腿までのタイプのストッキングなのか
気になって夜も眠れない


そして俺のサドルはクンカクンカされてしまったのか、そうか・・・合掌



79: 名無しさん@おーぷん 2015/04/17(金)11:04:38 (主)
これちょっと長くなるかも。犯行内容も酷いけど、弁護団に引き出された証言内容とか裁判入ってからが凄い
光市母子殺害事件
1999年、山口。当時18歳の少年による強姦致死・殺人・窃盗事件。死刑判決が確定。
強姦目的で被害者宅に押し入るも抵抗され絞殺し屍姦。傍らで泣き止まない生後11か月の娘を殺意をもって床に叩きつけるなどした後紐で首を絞め窒息死させた。被害者女性の遺体は押入れに、娘は天袋に放置し財布を奪って逃走した
先に動機:強姦目的

一審、山口地裁:無期懲役
1999年、検察は死刑を求刑。2000年、「被告は犯行時18歳であり発育途上であったことや殺害に計画性が無い、不十分ではあるが反省の情も芽生えている」ことを理由に無期懲役の判決。検察は量刑不十分で控訴。
2001年、被害女性の夫(のちに全国犯罪被害者の会を設立、幹事に就任)は無期懲役の判決を受けて「司法に絶望した、加害者を早く社会に出してもらいたい、そうすれば私が殺す」と発言
一方、被告人の少年は無期懲役判決を受けて知人に以下の手紙を出している
「終始笑うは悪なのが今の世だ。(中略)私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君」、「無期はほぼキマリ、7年そこそこに地上に芽を出す」、「犬がある日かわいい犬と出会った。・・そのまま「やっちゃった」・・これは罪でしょうか」
検察はこれを被告人に反省が見られない証拠として裁判所に提出した

二審、広島高裁:控訴棄却
2002年、広島高裁は「更生の可能性が無いわけではない」として検察の控訴を棄却。検察は上告。

三審、最高裁第三小法廷:判決破棄
2006年、最高裁は、一審・二審において酌量すべき事情として述べられた被告人の反省の情について「罪の深刻さと向き合って内省を深めていると認めるのは困難」とし、広島高裁の判決を破棄。審理を高裁に差し戻した

差し戻し二審、広島高裁:死刑判決
検察は死刑を求刑。
一方、弁護団は母恋しさ寂しさによる抱き付き行為から生じた傷害致死であり凶悪性は高くないとし、以下のような主張をした
「強姦目的ではなく甘えの気持ちで抱き付いた」「乳児は殺そうとしたのではなく、泣き止ますために首に蝶々結びをしただけ」
「乳児を押入れに入れたのは、ドラえもんに助けてもらおうと思ったから」
「被害者女性を死後姦淫したのは、小説「魔界転生」に復活の儀式と書いてあったから」
2008年、広島高裁は弁護側主張を全面的に退け「死刑回避理由にはあたらない」として死刑判決。弁護団は即日上告。

三審、最高裁第一小法廷:上告棄却
弁護団は犯行当時未成年だった被告人を死刑にするべきではないと主張するが
2012年、最高裁は「犯行当時少年だったことは死刑回避の決定的事情とはいえない」
「更生の可能性が無いとはいえない事など酌むべき事情を十分考慮しても刑事責任はあまりにも重大」とし
差し戻し二審を支持して弁護側の上告を棄却。弁護側は判決訂正の申し立てを行ったが最高裁はこれを棄却、死刑が確定した。



81: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)02:47:19
>>79

差し戻し審の弁護側の言い分がなあ

一応、弁護士は死刑反対派の大物のはずなのだが
言いざまや態度がことごとく裁判官の心証を逆なでする内容で
当時「ひょっとしてコイツ、隠れ死刑賛成派なのでは?」
「自分が弁護しているはずの人間を死刑にしたがってるようにしか見えない」と
友人や同僚と言い合っていたのを思い出す

死刑反対派がいま一つ世論の支持を受けていない理由は
主張の当否が原因ではなく
いちいち人の感情を逆なでする言い方をする論者が多いからなんじゃないかなと
思ったものだ
勿論、法律や司法を感情で動かすのは良くないが
感情を完全に切り離したところに、果たして「正義」はあるのだろうか……
などと小難しいことを考えていたら頭が痛くなってきた

追伸:魔界転生は名作



84: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)15:33:01 (主)
>>81

18歳でドラえもんは無いよねwww
でも、もしかしたら逆に弁護団はあえて幼稚な主張を並べる事で
一審後の元少年の手紙からうかがえる反省の無さを「元少年は事件当時幼稚な思考の持ち主であったから、一審後の手紙にうかがえる無反省も致し方ない」と正当化しようとしたのかもね
それにしても最高裁の「事件当時未成年であることは死刑回避の決定的事情にあたらない」は胸が熱くなった
前に死刑制度ってどうなのよ?って書いたけど、やっぱり俺は賛成派みたい
スレチだしここで議論する気はないけど、いい機会だから調べながらちょっと考えてみる
昭和23年に日本で死刑が合憲とされた理由は、「威嚇効果と隔離効果による犯罪抑止」であって応報刑的要素の合憲性は排除されている
そもそもこれはもう形骸化してるよね
隔離効果については、死ねばそりゃ社会から永遠に隔離される訳でこれは効果ありだけど
威嚇効果→ない。統計的に死刑制度あっても無くても殺人発生率変わらないそうで
よって死刑の合憲性は隔離効果のみになってしまう訳だ
だから死刑反対派は完全無期懲役とかの採用を代替案として挙げるけど、今の日本には設備、刑務官、囚人にかかる金、法律もろもろそんな環境にない
環境が整っていないから今すぐには廃止できないという点は原発廃止論とよく似てるなと思う
環境がそのうち整えば死刑を廃止して、完全無期懲役による隔離効果が達成できるようになる
でも俺は個人的に、応報刑的側面を必要悪として認めるべきだと思うのよね、これは合憲とされてないけど。



212: 名無しさん@おーぷん 2015/06/11(木)20:16:32
>>79

この事件って実は被害者の性格が最悪だったっていうのも微妙な気持ちになった
しかもそれが発覚したのが旦那の手記(手紙のやり取り)ってのも…



213: 名無しさん@おーぷん 2015/06/11(木)20:40:17 (主)
>>212

このタイミングで光市出してくることにビビったよw
最悪って旦那の話?俺には胸熱だったけど「司法に絶望した。早く出てきてほしい。そうすれば私がころ(ry」以外を指してるならkwsk



214: 名無しさん@おーぷん 2015/06/11(木)20:56:47
>>213

亀レスすぎてごめんw旦那じゃなくて殺された奥さんね

「天国からのラブレター」って書籍に色々と性格の悪さが載ってる
友人の恋人(旦那)を略奪愛とか
まあその手紙のやり取りとか晒しちゃう旦那の性格も大概だが…



215: 名無しさん@おーぷん 2015/06/11(木)21:26:40 (主)
>>214


そんな本があるんだね、知らなかったよ。
嫁を殺され死姦されて子供まで殺されたあの旦那は、留置所を逆プリズンブレイクしてでも被告人襲いたかったかもね。
旦那は性格というか、壊れたかもね

偽善とかじゃなく興味本位だけど何かを恨み続けて生きるって、いい生き方も死に方もできなそう



90: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)12:42:55 (主)
附属池田小事件
2001年、大阪。出刃包丁をもって小学校に侵入し次々に児童を襲撃。8名死亡、15名重軽傷。
強姦、暴行などの前科が多数あるが、うち15犯は精神障害を装い不起訴処分となっていた
この事件では精神鑑定において責任能力ありと認められた
法廷での発言がカオスすぎて怖い
「わしが殺したガキどもはわしの自殺の為の踏み台の為に生きていたんやな!ほんま、感謝しとる。 あのガキが8人死んでくれたから、 俺が死ねるんやから感謝せなあかん!死んでくれてありがとう!!でも、死刑になるだけやったら3人で十分やったな。残りの5人はおまけで感謝しといたる!あははははははは!ほんまおもろい!(中略)こんなケッタイなおっさんに一瞬や!ぶすぶす事件は、ほんま!、おもろい!、 ほれでも、ワシはまだ満足はしてないで!」
「あの世でもおまえらの子供、追いかけ回して、しばき倒したるからな! あははははは!あははは!、こらおもろい、!こら、傑作や。わしが8人を死刑にすんのに10分かかっとらんのに、わし一人の死刑に2年近くかかって随分、ご丁寧な事やのー!!」
動機:社会への歪んだ羨望、嫉妬



103: 名無しさん@おーぷん 2015/04/22(水)16:21:48 (主)
「悪魔祓いをしている」
藤沢悪魔祓い殺人事件
1987年、神奈川。ミュージシャンの被害者の妻と従兄による殺人・死体損壊事件。従兄に懲役14年、妻に懲役13年の判決。
3人はかつてある宗教に入信していた過去があった
ある日従兄が「自分に神が降りた。この世の悪魔を祓うための救世の曲を作って欲しい」と被害者夫妻の元を訪ね、被害者はこれを快諾。
救世の曲の作製から1週間がたった頃、被害者は「魔に憑かれてしまった」と言い出し、従兄は自己流の悪魔祓いを行うが効果が見られず被害者を絞殺
従兄は被害者の妻と二人で、救世の曲を聴きながら遺体の解体を始めた
警察署員が駆けつけると、カセットテープレコーダーから音楽が流れる中、二人は一心不乱に死体の解体をしており
声をかけても「悪魔祓いをしている」と繰り返すだけで解体作業を止めようとしなかった



104: 名無しさん@おーぷん 2015/04/23(木)03:24:11
天の声だの神の啓示を受けて殺人をしたと述べる者がいる一方
悪魔に操られて人殺しをしちゃったと主張する者もいる
どっちみちロクなことにはならないから(刑務所直行)
変な声が聞こえてきても耳を貸さない方がいい
というか普通に統合失調症だろうから病院に行くべきだけど

>>103
はもう、殺しちゃった時点で後戻りできないから
「これは悪魔祓いである」と信じて最後までやっちゃうより他ないね
ただの殺人だと自覚した瞬間、心が壊れるだろうから



105: 名無しさん@おーぷん 2015/04/23(木)10:35:45 (主)
>>104

悪魔祓いに関しては刑が軽いあたり、被害者同意のもとの殺害みたいな主張だったのかもね
何度も精神鑑定やって責任能力ありと認められたにも関わらずこの数字らしい
警察来ても作業止めないとか相当ぶっ飛びすぎ
加害者二人にしてみれば救済の行為であって犯罪を犯したという自覚はなかったんだろうなぁ

精神的にトンデル人って情状酌量で減刑とか不起訴になったりするけど、こういう人こそ社会から隔離した方がいいんでないかと思った
附属池田小みたいに重大な再犯犯す奴もいるし
変な人には近づいちゃダメって事だね!



118: 名無しさん@おーぷん 2015/04/27(月)05:57:09
永山則夫はなあ……

貧しさ(&コンプレックスその他)故の犯行であるが故に当時は同情論も多かったみたいだしひたすら凶暴・粗暴・低能だったのが拘置所で本を読んで教養を身に着けたり
色んな人と接触したことで徐々に人間らしくなっていって反省や贖罪の気持ちが芽生えたりして
だから一審の死刑判決が、控訴審で無期懲役に減刑されたのも分かるけどでも差し戻し審での判決

「貧しかったとか苦しかったとか、そういう事情も分かるけどでも同じ条件で育った兄弟たちがまともに暮らしているんだから4人も連続して殺した言い訳にはならんでしょ(大意)」も反論できない
いくらかわいそうでも、殺された人はもっとかわいそうなわけだし。
まあ、その兄弟もまともな人生を送っているとは言い難いという話は聞くけど少なくとも兄弟は連続殺人事件を起こしているわけではないし
永山則夫の起こした事件のせいで人生が狂った結果、まともじゃない人生になっちゃった可能性もある

本人は「生きる希望の無かった人に、生きる希望を与えておいて殺すなんてなあ」
と不平を口にしていたそうで、気持ちは分からんでもないけど死刑のときは全力で抵抗して「俺を殺したら革命が起きるぞ!」と叫んだというのは印象悪い
彼の著書「無知の涙」を読んでも彼をかわいそうと思う人もいれば、自己憐憫の塊じゃねーかと怒る人もいる

個人的には、永山則夫にはかわいそうな部分がかなりあるにせよ
妙に美化したり、まるで悲劇のヒーローのように扱う論調には違和感を覚える
サイコパス的なシリアルキラーではないが、ただの粗暴犯じゃん、と思う

ただ、ソースが見当たらないから真偽のほどは定かではないが弁護士が「このままじゃ死刑は免れ得ないし、責任能力なしの線で無罪を狙いましょうや」と提案すると
当人が「自分の著作や今までの主張が全部キ○ガイの戯言になっちゃうじゃん」と拒否し
あえて生命を永らえる策を取らなかった、というのは(さっき言ったことと矛盾するけど)少しは潔いかな、と思う。
少なくとも「頭がアレなんで俺は無罪!」と主張するような輩に比べて。

この永山則夫の件は擁護派・批判派が膨大な議論を重ねているし未だに(たぶん永遠に)結論の出ない話題なので一口に言うことができず、長くなってしまい申し訳ない



119: 名無しさん@おーぷん 2015/04/27(月)21:42:45
>>118

どんな事件だったのかを教えろお願いします



120: 名無しさん@おーぷん 2015/04/28(火)07:59:06
事件自体は、そう大したものじゃない。いや4人も亡くなっているから大事件ではあるけど、
ここで挙げられるような不気味な怪事件というほどではない

1968年10~11月の間に、東京・京都・函館・名古屋で立て続けに起きた拳銃による連続殺人事件。
別名「広域重要指定108号事件」。

東京プリンスホテルの敷地内を巡回していた警備員(綜合警備保障・現アルソックの人)が殺害されたのを皮切りに
神社の守衛さん一人、タクシー運転手2人が射殺された。
凶器は横須賀の米軍宿舎から盗まれた拳銃。
犯人・永山則夫は、その後はバーとジャズ喫茶で働きつつ潜伏していたが
1969年4月7日、例の拳銃を持って千駄ヶ谷の専門学校に盗みに入り、
機械の警報で駆け付けた日本警備保障(現・セコム)のガードマン(22歳)に発砲して逃走。
数時間後に逮捕された。永山則夫、当時19歳。未成年なのに当時から実名報道。

永山則夫は網走生まれで、8人兄弟の7人目。
父は腕利きのリンゴ剪定師だったが酒と博打で身を持ち崩しており
一家を支えていた優しい長姉は婚約破棄+堕胎で精神的に不安定になるなど極貧にして家庭崩壊状態の中で暮らしてきた。

5歳のとき、耐えきれなくなった母親が青森の実家に逃げ帰る。
その後も超極貧+兄弟からの虐待+父の博打などで悲惨な境遇。
だが見かねた近隣住民が福祉事務所に通報してくれて、精神病院に入院中の長姉を残して母の実家に引き取られた。

少年時代の永山は駅伝大会でアンカーを務めて、通っていた板柳中学を優勝に導くなど
脚光を浴びたこともなかったわけではないが基本あまり学校には来なかったらしい。
姉に会いたくなって家出したことや、万引きしたこともあり、いじめに遭っていたようである。

15歳。中学卒業後、集団就職で上京。渋谷の高級果物店の店員となる。
WIKIによると当時の常連客には女優の岩下志麻さんもいた。
要領よく接客をこなし周囲の信任も厚かったが、どうも一つのところには定着できないタチらしい。
ちょっと叱られたとか、地元・板柳での盗みを知られたんじゃないかと疑心暗鬼になるとか
本籍が網走番外地なので「ムショ生まれかよ」とからかわれるのが嫌とか
そういう些細な理由ですぐに辞め、職を転々とし、窃盗などの軽犯罪を繰り返した。
何故か国外脱出しようとして二度も密航を試みている(失敗したが)。自殺未遂もしている。

一応、窃盗で掴まっても身柄を引き取ってくれる社長だの
夜間学校に通う保証人になってくれる次兄だのもいて
必ずしも孤立無援というわけでもなかったと思うが、それはあくまで周囲から見ての話であり
当人の中では色々とこじらせてしまい
社会への復讐の念から事件に及び4人を殺害したわけである。



123: 名無しさん@おーぷん 2015/04/28(火)18:22:22
>>120-122

詳しく解説乙 凄く分かり易かった



128: 名無しさん@おーぷん 2015/05/01(金)00:40:44
>>120-122

とても読みやすかった

真面目で純朴な人が周囲に多いと、もとがそうでない輩は強く反発心が出るのかな
どの県でも凶悪指数の総数(今作ったw)を人口で平均すると同じだったりして



121: 名無しさん@おーぷん 2015/04/28(火)07:59:18
裁判での彼は、当初は非常にヒステリックであったが徐々に落ち着き始める。
拘置所で哲学、経済学、心理学の専門書を読むようになったのである。
元来、教養のない粗暴犯ではあったものの、いわゆる地頭は良かったらしく
これらの難解な本を読破して内容を理解し、自分でも手記を書き始めるようになった。
この手記は後に「無知の涙」というタイトルで世に出て爆発的なヒットとなり
永山の生い立ちに同情的な見方をする人が増え始めた。
うち一人の女性とは、文通の末に獄中結婚もしている。

1983年には小説「木橋」で第19回新日本文学賞も受賞。90年1月には日本文藝家協会に入会を申し込むが
「いや、でも殺人事件の刑事被告人だしなあ、駄目でしょ」「いやいや個人の善悪と作家としての才能は別じゃん」
と、同協会の理事・作家たちが内紛を起こす羽目になる。

一方、裁判の方だが、一審では死刑判決が出た。
学がついたのは良いのだが、口が回るようになってしまって
「殺した4人は全員プロレタリアートだったので、自分は被害者の家族にではなくプロレタリアート全体に謝罪したい」
「自分のような貧困者を生み出した国家が犯人だ」
など(当時の)左翼用語を振り回して挑発的な態度を取ったので裁判官の心証は最悪だったと思われる。
支援者の一人でガリガリの全共闘生き残りがいたので、彼の影響だったようだ。

二審でも当初は挑発的な態度だったが、
妻や(全共闘生き残り以外の)支援者との交流が続くうち、頑なだった態度が徐々にほぐれていき
被害者家族や社会に詫びたい、本の印税は妻を通して遺族に贈る、
当初は拒絶していた母親にも詫びたい……など、人間らしい言葉が紡がれるようになってきた。
これにより二審では減刑され、無期懲役の判決が出た。

だが検察は「4人も殺して死刑にならないなら、事実上死刑判決なんてなくなっちゃうだろ」
「それに、いま拘置されている死刑囚に対しても不平等だろ」と反発し、上告。
最高裁は裁判の差し戻しを命じ、結果、1990年に死刑が宣告された。
「家庭環境が劣悪だったことは4人も殺したことの言い訳にはならない」
つまり自分が不幸だからといって他人を不幸にする権利はない、というのが判決だった。



122: 名無しさん@おーぷん 2015/04/28(火)07:59:28
その後、仕方がないこととは思うが永山は再び喧嘩腰になり
やたらと人に噛みつき自分は天才だと豪語するようになり
理解者である妻とも離婚。永山の態度の悪さに、支援者も次々と去っていった。

1997年8月1日、死刑執行。
おりしも神戸連続児童殺傷事件(酒鬼薔薇事件)が起こった頃であり
事件当時に未成年だからといって容赦しないぜ的な姿勢を見せるためだったとも言われているが詳細は不明。

三菱重工爆破事件の大道寺将司の手記によると、この日の朝「ウオー」という絶叫を聞いたという。
恐らく隣の棟に収容されていた永山が引っ立てられる際に抵抗した声と思われる。
(もっとも、この日は別の死刑も執行されたので確実ではないが)

永山の遺骨は生前の遺言通り、妻の手によってオホーツク海へと帰っていった。
また、これも遺言通り、残された印税を元に世界の貧しい子供たちのための「永山こども基金」が設立された。

なお、判決における傍論の死刑適用基準は
後の死刑判決でも判例と同じように参考にされるようになった。いわゆる「永山基準」である。



124: 名無しさん@おーぷん 2015/04/29(水)04:24:28
青森といえば伝説の脱獄王・白鳥由栄も青森県出身だったな
犯罪者自体はどこの都道府県にもいるから青森県民が特別に犯罪性向を持っているというわけではないけど
青森出身・青森関係者はレジェンド級の奴が多すぎるだろ

昔の網走刑務所を再現した博物館網走監獄で当時の看守や囚人たちの様子がマネキンで再現されているのだが
ふと上を見上げると「脱獄囚・S」こと白鳥由栄が天井に這いあがって脱獄しようとしているシーンまで再現されてて驚いた記憶



125: 名無しさん@おーぷん 2015/04/29(水)22:58:50 (主)
>>124

レジェンド級ワロタ
いや笑っちゃいけないのか、一県民として申し訳ない
最近は県のPRが「短命県返上」だったり、低所得、冬は雪しかない
そんな色々やばい県だけど嫌いにならないでけろ
基本平和で温厚な県民性なんだ、多分
凶悪犯罪者を生みやすい環境要因でも揃ってるのかなぁ



129: 名無しさん@おーぷん 2015/05/02(土)06:34:06
白鳥なんたらのことも詳しく



130: 名無しさん@おーぷん 2015/05/03(日)01:37:55
これも不気味でも何でもないが……不気味を通り越して「何なのこの人」としか思えない事件。

白鳥由栄(しらとり・よしえ 1907年7月31日-1979年2月24日)
別名「昭和の脱獄王」。怪物じみた肉体能力と精神力で、26年間の服役中に4度の脱獄に成功した。
名言「人間の作った房ですから人間が敗れぬはずがありませんよ」「毛布をもう一枚ください。さもないと脱獄します」

1・逮捕までの経緯
青森県出身の白鳥は2歳で豆腐屋の養子となった。
頑固な性格だが真面目で馬鹿正直だったという。だが博打などで身を持ち崩し、悪の道へ。
1933年、悪友らと共に窃盗を働いた際、発見した家人ともみあいになり、結果、殺傷してしまった。
このときは「やべぇ!」と皆で逃げたが2年後、仲間が逮捕されたことを知り
「自分だけが逃げるわけにはいかない」と出頭した。

2・初めての脱獄
白鳥は青森刑務所に収監された。
悪人ではあるが根は真面目な性格なので、何もなければ大人しく服役していたはずなのだが
彼は真面目で馬鹿正直であると同時に物凄くプライドが高く、一種偏執狂めいたところがあった。
受けた恩は必ず返すが、受けた攻撃もまた必ず返すのである。

看守から「人殺しめ!おめーはどうせ死刑だ、カーッ!ペッ!」と痰を吐きかけられたことで復讐を決意。
基本、白鳥は独房に入れられていたが、簡易便器の中のものを捨てに行くときだけは厳重な監視のもとで独房の外に出ることを許されており、このときに周囲の様子を細かく観察。
また、このときにこっそり拾った針金を加工して鍵を作り、これで独房の扉を開けて見事脱出。
1936年、白鳥28歳のときである。まあ3日後には捕まって連れ戻されたのだがこのときの脱獄は逃亡が目的ではなく、あの看守に恥をかかせてやるためだったのでOK。
事実、この看守は脱獄を防げなかった咎でクビになった。

3・秋田刑務所
白鳥はその後、小菅刑務所(現・東京刑務所)に移送された。ここでは真面目に服役していた。基本、特に何もなければ模範囚なのである。
だがその後、秋田刑務所に移された際「あいつは脱獄したことがある」「注意して監視しないとな」と窓もない独房に、手錠をはめられたまま放り込まれてしまった。

そういう扱いを受けるとムカつくらしく、再び脱獄を決意。
天井を這いあがる特訓をしながら、落ちていたブリキ片と釘を使って即製ノコギリを開発。
そして高さ4mのところにまで這い上がって、天窓をノコギリで少しずつ破壊していく。
看守の目を盗みつつ1日10分の作業の結果、ある暴風雨の夜、ついに天窓を破壊して脱走。
作業場にあった丸太を足場にして塀を乗り越え脱獄した。白鳥34歳。

その3か月後、白鳥は小菅刑務所で世話になった小林良蔵戒護主任宅にフラリとやってきた。優しい小林さんからお茶をもらって嬉し泣きし、秋田刑務所での扱いが酷すぎることを訴えたという。
白鳥は小林さんに付き添われて出頭。逃亡罪で懲役3年の刑が言い渡されたが、小菅刑務所に戻りたいという願いは叶わずそれどころか日本最強の網走刑務所に送られてしまった(当たり前だけど)。



131: 名無しさん@おーぷん 2015/05/03(日)01:38:10
4・網走刑務所にて
1942年。真冬の網走刑務所は零下30度、独房内は少しマシだがそれでも零下10度近い。
そんな中、白鳥は凶悪犯用の特別懲罰隔離房に収監された。
一日中手錠・足枷をはめられ、服装は夏物一枚。
息をするだけで鼻が凍傷になるほどの極限状態に置かれ、白鳥またも激怒。
何度も手錠を筋力で破壊し、より厳重な、鎖と20㎏の重りつき手錠をはめられた。
手足の肉が裂け、腐り、蛆が湧いた。食事のときすら手錠は外されず、口で直接器を咥えなければいけない。
トイレも許されず糞尿垂れ流し、一週間に一回、水を浴びせられるのみ。

しかし白鳥は、隙を見て少しずつ手錠をかじって弱めていった。
また視察孔の鉄格子に味噌汁をかけ、少しずつ腐らせていったという話もある。

そして1944年、停電で所内が少しパニックになった隙を見計らい、鉄格子と手錠を破壊。
首だけを視察孔に突っ込むと、肩の関節を外してニュルリと独房から出た。
まさか小さな視察孔から人間が出てくるとは思わなかった、警備の隙をついたのである。
さしもの最強監獄・網走刑務所も、こんな化け物の存在までは想定していなかった。

脱走後、白鳥は2年ほど山中に潜伏した。そうこうしているうちに気が付けば太平洋戦争が終わっていた。
1946年、たまたまスイカ畑の横を歩いていたところ、不意に襲撃される。
襲撃者はスイカ畑の持ち主で、泥棒が出るので(火垂るの墓のお兄ちゃんみたいな子が多かった)警備していたのだ。
揉みあっているうちに、また相手を殺害してしまう。
白鳥のような人間凶器を泥棒と間違ってしまった(泥棒より悪い脱獄犯だが)農家のおじさんは運が悪かった。

白鳥は再び逮捕され、最初の強盗殺人も加えると2人も殺しているので今度ばかりは死刑判決が出た。
半ば「死刑だろうなあ」とは思っていたものの、こちらの正当防衛の主張を全く聞き入れない判事に激怒。
判決の際、白鳥は判事や検事を睨みつけ「必ず脱獄して寝首をかいてやる」と告げた。
そこで判事と検事は自宅から表札を外した。



132: 名無しさん@おーぷん 2015/05/03(日)01:38:24
5・札幌刑務所
収監した札幌刑務所では、24時間体制で白鳥を監視。
壁、窓、扉――すべてを「対・白鳥用」に補強された独房に入れられた。
しかし白鳥は床を掘って建物の外に逃げた。雪が積もっていたため、塀を乗り越えるのも簡単だった。

300日後、札幌市街で職務質問を受ける。
この際、警官が煙草を差し出してあげたところ「優しくされた」と感激。
この警官に手柄を立てさせるため、自ら脱獄した死刑囚であることを明かした。
札幌高裁で審議が再開され、農夫殺しの件は一部正当防衛が認められ懲役20年に減刑され
府中刑務所に送られた。1948年のことである。

列車での護送は(GHQが「そんなデンジャラスな奴は警戒するに越したことはアリマセーン」と言ったため貸切)
1週間の旅路となったが、その間、看守たちは24時間体制で白鳥を監視。
白鳥が眠らず平気でいることに驚きの色を隠せなかったという。

6・その後
府中刑務所の所長は、今度こそ完璧な「対・白鳥作戦」を展開した。
それは「特に何もしないこと」である。
こちらが何もしなければ白鳥も何もしないことに、ようやく気が付いたのである。

白鳥は最初のうちこそ多少荒れていたが、後は黙々と模範囚として過ごした。
府中刑務所の塀の高さは2m余。白鳥にとっては無いも同然だったはずだが、逃げなかった。
1961年に仮釈放。その後は日雇いの建設作業員として黙々と働いた。

1日に120キロを平気で走り、煙突の支柱を素手で引っこ抜いた化け物はしかし出所後は特に何も変わったことをしていない。
作業員としては優秀だったらしいが(基本真面目だし、肉体能力は怪物級だし)
際立って目立つようなこともしないし、犯罪にも手を染めなかった。

1979年、71歳で死去。
身内がいなかったため無縁仏として埋葬されそうになったが
仮出所の際に仲良くしていた近所の女の子(当時5歳、白鳥死亡時は大人になっていた)が遺骨を引き取り責任を以て供養したという。



133: 名無しさん@おーぷん 2015/05/03(日)02:18:34
>>132

なんか無駄に脱獄なんかしなければ、初めの犯罪だけで早く出所してそれなりの職人になれたろうに色々勿体ないやつだなぁ



135: 名無しさん@おーぷん 2015/05/03(日)07:31:20
まとめが上手くて読みやすかったよ
昔話に出てくる妖怪みたいな人だな、基本悪い奴じゃないって点とか
最後の近所の少女との交流とか、彼にとってささやかではあるがやっと訪れた平穏な時だったんだろうな



136: 名無しさん@おーぷん 2015/05/03(日)09:57:39
まとめ乙!
読みやすくて面白かった
性格がもうちょっとゆるく流せるタイプだったら
何かの職人にでもなってそっちでの名声を得たかもなあ



139: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)03:45:19 (主)
きっと
>>136
の言う通り、もう少しスルースキルがあれば道を踏み間違えずに真面目なマッスルだったんだろうなぁ
もし凶器を用いてなかったとしたら、殺人ではなく並外れた身体能力ゆえの殺意無き傷害致死なんじゃないかとすら
あとバキにいそうだと思ったwww



138: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)03:18:56
そうそうwwwだんだん笑えてくるのな
自分は復讐を宣言された判事と検事が表札を外した部分が好き
脱獄されることが前提になってるwww

でもシャバでは別に目立ったことをしていないことを考えると
完全に脱獄に特化した能力の持ち主だったんだな



141: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)22:02:57
白鳥愛されてんなwwwww
自分も、その前の永山事件について感想を書き込もうとしたが白鳥脱獄記録読んだら全部ぶっ飛んだwwwwww

確かにレジェンドだけある
こいつならストーンオーシャンの刑務所からも脱獄できるな

それに亡くなった2人には申し訳ないが何か憎めないというか、どこか物悲しいものを感じる

確かに主のゆーとおり人間関係が敵味方しかない奴っているよな



157: 名無しさん@おーぷん 2015/05/09(土)19:22:13
結構長く続いてるな
未解決事件が不気味なのは当たり前だけど
解決した事件でもゾッとするようなものは多いからかな
法的に解決してもモヤモヤすることも多いし



165: 名無しさん@おーぷん 2015/05/13(水)01:26:21 (主)
>>157

意外に粘ってますが相変わらずネタ切れ中です
皆様、無知な私にどうかお題を下さいませ
遺体偽装とか、保険金とか、ハイビスカスと戦って3回骨折したとか、キーワードでいいので



172: 名無しさん@おーぷん 2015/05/13(水)21:57:17 (主)
トリカブト保険金殺人事件
最初の検視した医師がいなければ、きった完全犯罪だった事件

1986年。犯人の妻が急死し、死因は急性心筋梗塞と診断されるも医師の機転により血液サンプルを保管、5年後に発覚するこの毒殺事件の決定的な証拠となる。
妻にかけていた保険金は1億8,500万円だったが、保険会社が病歴の告知義務違反などを理由に支払いを保留したため犯人は支払いを求め裁判を起こした。
地裁では犯人が勝訴し保険会社が控訴した。しかし高裁において妻を検視した医師が「死因が毒物であるある可能性が高い」と当初からの疑念を証言した。
これは当時未発覚であるはずの核心を突いた証言であった為、犯人は訴訟を取り下げている。

1991年。犯人は横領の別件で逮捕し、5年前の妻の急死が殺人であった可能性が浮上したため犯人を再逮捕した。
この逮捕には、当初は5年も前の事件に物的証拠が無いと危惧されたところ、医師が保存してあった急死した妻の血液サンプルからトリカブト毒が検出されたという背景があった。
さらに犯人が大量のフグを購入したいた事実が発覚し、改めて血液サンプルを検査したところフグ毒も検出された。

公判ではアリバイが争点になった。
トリカブト毒は即効性があるにも関わらず、妻は犯人と別れてから1時間40分後に苦しみだしているからだ。
これに対し検察はカプセルを用いることで遅行性を持たせると反論したが、実験の結果5~10分しか遅らせられないことが判明した。
しかし、5年前の妻の検視の際に血液サンプルを保持しておいた医師は
「トリカブト毒はNa+チャネルを活性化させ、一方でフグ毒はNa+チャネルを阻害するという互いに拮抗する作用をもつ。
 これらを同時に服用した場合、トリカブト毒よりもフグ毒の方が半減期が短い為、時間の経過によって拮抗作用が崩れ最終的にトリカブト毒で死に至る」と証言。
この証言により、犯人のアリバイは完全に崩れた。

1994年に無期懲役判決。控訴・上告するがともに棄却され、2000年にこれが確定。
2012年、犯人は獄中で病没。享年73歳。



173: 名無しさん@おーぷん 2015/05/13(水)22:38:44
犯人も相当アレだが血液サンプルを残した医者がすげえな



174: 名無しさん@おーぷん 2015/05/13(水)22:42:41 (主)
トリカブトちょろっと追記
犯人は1986年に死亡した妻の以前に2人の妻を亡くしているが、恐らくこの点は殺人事件として立件されていない。

1人目、1965年結婚。看護師。1981年に38歳の若さで心筋梗塞で死亡。
2人目、1人目が死別する前の1971年から愛人関係。経理課女性上司。1,000万円の保険金をかけて結婚。1985年に急性心不全で死亡。
3人目、2人目の死亡から4ヵ月後に結婚。ホステス。1986年死亡(上述)。

デスノートかってくらいの急死連発。1,2人目も被害者なのかもね。
機転きかせて5年も物証保管してみたり、裁判で二度も核心突いた医者グッジョブすぐる



176: 名無しさん@おーぷん 2015/05/14(木)04:29:37
ただ、かなり朧な記憶で恐縮だが
トリカブトの犯人は自身に疑いがかけられた際、取材陣を前にして胸を張り
「私にはアリバイがある! 妻が苦しみだしたのは私と別れてから1時間40分後!トリカブトの毒は即効性があるので私が犯人ではあり得ない!仮にカプセルを使ったとしても5~10分しか遅れることはないのだ!」
と(その辺のことが公判で明らかになる前に)主張するもんだから
何か、列車もののアリバイミステリで
「ふふふ、その犯行は私には不可能ですね。何故なら時刻表を見てもらえば分かると思いますがこの列車がこうで、この列車が何時何分発だからどうやっても私がその犯行時刻に現場に行くことは不可能だからです。わはははははは」とか言う犯人と同じように
「お前、実は疑われたいのか? 突っ込み待ちか?」みたいに言われていた記憶があるwww



177: 名無しさん@おーぷん 2015/05/14(木)14:34:06
東村山市議が万引きを苦に近所のビルから飛び降り自殺した件が未だに気持ち悪い。
ものすごく色んな案件出て来てぐっちゃぐちゃ。
議席譲渡
万引き被害者脅迫
各種名誉毀損
保育園問題
まとめページを読み込むと時間がどんだけあっても追い付かないくらい
そんで、殺人でっち上げをした本人および関係者が、いまだに市議ってあたりも気持ち悪い



193: 名無しさん@おーぷん 2015/05/28(木)01:49:32 (主)
>>177

転落死をめぐる名誉棄損裁判では自殺と他殺両方が認定されてて、未解決事件とされちゃってるね

加えて、このスレで実家特定されかねないくらい書き込んでる俺には政治絡んでるコレはつつけないわスマン



178: 名無しさん@おーぷん 2015/05/16(土)02:09:06
名古屋大の女子学生が77歳女性を殺害したり高校の同級生にタリウム飲ませたりの事件は
ここで列記された事件に比べると(あくまで比較の問題だけど)それほど不気味な感じじゃないのな
「こじらせちゃった子なんだなあ」としか思えない
やってることは最悪なんだけど



184: 名無しさん@おーぷん 2015/05/24(日)14:27:44
尼崎連続殺人



186: 名無しさん@おーぷん 2015/05/27(水)18:23:47 (主)
>>184

いきなりヘビーだな、ちょっと待ってて。複雑すぎる。。



187: 名無しさん@おーぷん 2015/05/27(水)19:42:11 (主)
尼崎事件

事件概要
1987~2012年。主犯格、角田美代子。北九州に少し似てる事件。
複数の家族に対し、些細な弱みにつけこみ隷属的関係を構築。財産を奪い監禁、虐待、被害者家族間での暴行の強要し家族崩壊を引き起こさせることで、次々と主犯の疑似家族の一員に取り込んでいった。
監禁や暴行により少なくとも6名が死亡、3名が行方不明。
逮捕・書類送検者は17名にもおよぶ。その中には主犯の疑似家族に取り込まれてしまった被害者家族の親族を含んでいる。



188: 名無しさん@おーぷん 2015/05/27(水)20:25:51 (主)
角田家
・角田美代子(逮捕、死亡)
 主犯。2012年に拘置所で自殺。
・角田三枝子(逮捕)
 A家長男の妻。主犯の母と養子縁組を結び、主犯の義理の妹となった。主犯の右腕であり、逮捕後に事件の全容を供述し始めた。
・角田健太郎(逮捕)
 主犯の遠戚にあたるB家母の四男の三男。主犯の養子となり、主犯の義理の長男になる。
・角田優太郎(逮捕)
 D家次女の夫。戸籍上は主犯の次男だが、生みの親は三枝子。
・鄭頼太郎(逮捕)
 主犯の内縁の夫。韓国籍。
・李正則(逮捕)
 C家長男の元妻の連れ子。主犯の叔父と養子縁組を結び、主犯の義理のいとことなる。角田ファイミリーの暴力装置の異名をもつ。韓国籍。
・同居人男性(逮捕)
 A家次男の誘いで共同生活を始める。主犯の指示でD家長女と結婚。主犯の運転手段を務めた。
・同居人女性(死亡)
 主犯の兄と交際したことをきっかけに共同生活を始める。家政婦的存在。 



189: 名無しさん@おーぷん 2015/05/27(水)20:58:25 (主)
A家
過去に主犯の家を間借りしていた事があり、再び共同生活を始める。
・A家母(行方不明)
 殺害され海に遺棄されたとの証言があるが遺体発見には至らなかった。
・A家長男(死亡)
 角田三枝子と再婚。沖縄にて自殺を強要され転落死。三枝子に保険金約1億円が支払われた。
・A家次男(死亡)
 何度も共同生活から逃亡しては連れ戻されるを繰り返した。ドラム管にコンクリート詰めにされ岡山県に遺棄される。

B家
主犯の縁戚。B家母の姉の葬儀の際に難癖をつけられたのをきっかけに乗っ取られる。
・B家母(死亡)
 事件性の無い病死とされているが、暴行や虐待を受けていたという話もある。
・B家母の長男の長男(死亡)
 事件性の無い自殺とされている。主犯により行われていた親族会議の最中に突然走り出し、軟禁されていたマンションから飛び降りたとの証言あり。
・角田健太郎の兄(行方不明)
 自発的な失踪とされている。



190: 名無しさん@おーぷん 2015/05/27(水)22:54:22 (主)
C家
C家長男が、主犯の内縁の夫である鄭頼太郎と中学の同窓生であったことが主犯と関わるきっかけとなり、乗っ取られる。
・C家母(死亡)
 この死亡に関して、主犯やC家(長男、次男、長女、次女、孫)、D家(長女、次女)ら計9名が書類送検されるが、既に傷害致死罪の公訴時効が成立しており不起訴処分。
・C家長男(書類送検)
 鄭頼太郎と中学の先輩後輩関係。かつて主犯の義理のいとこの母親と結婚していた。多額の借金を抱えていた。
 主犯の指示により、退職させられ退職金を奪われた。その後共同生活から逃亡し、偽名を用いて潜伏していた。
・C家次男(死亡、書類送検)
 共同生活から逃亡後、末期ガンで死亡。
・C家長女(死亡)
 D家に嫁ぐ。共同生活から逃亡後連れ戻され、急性硬膜下血腫で植物人間状態となり死亡。医師は暴行の疑いありと警察に伝えたが、事件性の無い病死とされている。
・C家次女(行方不明、書類送検)
 自発的な失踪とされている。

D家
C家長女の嫁ぎ先。主犯に因縁をつけられ、C家の家族ら10名で押しかけられて自宅に居座られ、有無を言わさず乗っ取られる。
建物、土地などの財産を奪われ、一家離散。
・D家母=C家長女
・D家父
 主犯により離婚に追い込まれた上に娘2人も奪われ、虐待を受ける。後に居座られている自宅から、離婚したD家母を逃し自らも逃亡、偽名で潜伏生活。
・D家父の兄(死亡)
 D家父を助けようとするが逆にD家自宅にて軟禁された。虐待や暴行の末に死亡。遺体はC家の床下に埋められた。
 この死亡に関して、主犯家族やC家次男、自らの姪であるD家長女及び次女の計8名が書類送検されたが、司法解剖で死因が特定できず、嫌疑不十分・被疑者死亡により不起訴処分となっている。
・D家長女(死亡、書類送検)
 次女と異なり、主犯に懐かなかったため虐待の対象となり逃走するが、免許更新の際に主犯家族に待ち伏せされ連れ戻され、主犯の同居人男性と結婚させられる。
 その後夫婦そろって逃走するが再び発見された。その懲罰として2か月以上の間物置で監禁、虐待を受け死亡。遺体はC家床下に埋められた。
 この死亡に関して、主犯家族らや自らの妹であるD家次女の計7人が殺人・監禁の罪で逮捕、起訴されている。
 一方で長女本人も3件の傷害致死容疑で書類送検されている。
・D家次女(逮捕)
 主犯により高校を中退させられる。初期は虐待を受けることもあったが、洗脳されたかのようになり主犯をお母さんと呼んだ。実の両親に暴言や暴力を働くなど積極的に犯罪行為に加担。
 角田優太朗と結婚し、角田瑠衣となる。戸籍上は主犯の義理の妹にあたる。
 3件の殺人罪などで起訴されている。



191: 名無しさん@おーぷん 2015/05/28(木)00:30:07 (主)
E家
大手私鉄会社に勤めていたE家父が、主犯の「孫の乗ったベビーカーがドアに挟まれた」というクレームに対応したのがきっかけ。
謝罪のために主犯宅に通い続けたE家父を恐喝する一方で次第にE家父を褒め、結果としてE家族と家族ぐるみの付き合いをするようになった。
主犯に家庭介入され一家離散に追い込まれ、乗っ取られる。
・E家父(逮捕)
 主犯により退職、転居、離婚をさせられ家庭崩壊。退職金を奪われる。最後は元妻と次女の三人で無理心中を試みたが兵庫県警に保護され食い止められた。
 元妻の母であるF家母に対する傷害致死などで起訴され、懲役3年執行猶予5年が確定。
・E家母(逮捕)
 F家次女。虐待を受け、警察に保護された時の体重は35キロほどだった。
 本人の母であるF家母に対する傷害致死などで起訴されている。

F家
F家次女はE家に嫁いでいた。F家次女夫婦に対する主犯の介入を発端に乗っ取られる。
・F家次女=E家母
・F家母(死亡)
 虐待、暴行により死亡時の体重は22キロ。遺体はドラム缶にコンクリート詰めにされ、内縁の夫である鄭頼太郎の貸倉庫に放置された。
 この死亡に関して、主犯家族ら及び自らの娘である長女、次女とその夫の計5人が死体遺棄容疑で逮捕・起訴されている。
・F家長女(逮捕)
 監禁中、二階の窓から脱走し警察に駆け込む。これにより一連の事件が初めて発覚した。
 一方で、本人の母であるF家母に対する傷害致死などの罪で起訴されている。



192: 名無しさん@おーぷん 2015/05/28(木)01:06:42 (主)
疲れた。。相変わらず読みずらいのは許してけろ。
俺には文才無い以前に、ただでさえ複雑なんだよぅ

時系列も必要?
必要なら明日あたりやります



194: 名無しさん@おーぷん 2015/05/28(木)02:21:19
尼崎事件はもう滅茶苦茶すぎて多分世界的に見ても前例が少ないレベルだと思われる(いや知らんけど、多分)
よくまとめることができたな、お疲れ様です



196: 名無しさん@おーぷん 2015/05/28(木)09:45:39 (主)
>>194

ありがとうございますー。
今後、私は事件内容をできるだけ簡潔に並べる方針で書き込みますので



195: 名無しさん@おーぷん 2015/05/28(木)03:23:05
あと怖いのは、こういう事件が発覚するまで相当の時間がかかったこと
今こうしている間にも、近所の家が乗っ取られてどんどん死んでいっているのではないかと思うと……



196: 名無しさん@おーぷん 2015/05/28(木)09:45:39 (主)
>>195
みたいに不気味成分の抽出や漏れを追記して頂けると、すごく助かります。
尼崎を調べてて、戦国時代の養子縁組をイメージした俺はきっと異端ww
例:毛利元就の養子縁組による小早川・吉川家の掌握、みたいな。
現代で家を乗っ取るメリットがあるのかは疑問だけど。



197: 名無しさん@おーぷん 2015/05/28(木)09:52:34
まとめ乙
これ朝鮮人が起こす気持ち悪い事件の中でも規模でかいし入り組んでてややこしい
多分ここにでてきてる以上に、行方不明、死んでる人いるだろうね

ほんとうにあのダニどもとは教えるな助けるな関わるな、だ


しかし持ち家だと、押し入られて監禁、てパターンだと警察はあてにできないのか?
監禁してる間に洗脳されたら終わりだよな…



198: 名無しさん@おーぷん 2015/05/28(木)10:33:13 (主)
>>197

D家父の兄はD家宅押しかけ中に洗脳されて、主犯宅で共同生活始めたという説と、
D家宅から主犯らが引き上げる際に連れていかれたD家長女・次女が心配で、主犯宅についていったという説がある。

昔は今以上に、警察は民事不介入を徹底してただろうし、A~D家はいずれも、血縁はなくても戸籍上は縁戚に該当してた奴が一人はいたから、
尚更お手上げだったのかもね。



200: 名無しさん@おーぷん 2015/05/29(金)02:47:51
まとめた主が悪いわけでも何でもないんだけど何度読んでもこんがらがってくる

誰にどのくらいの責任があるのかとか検察も裁判所も判断に困るだろうな
大ボスは自殺しているし

……当初から言われていたことだけど、本当に自殺だったのかね?



203: 名無しさん@おーぷん 2015/05/30(土)03:15:27
主犯格が死んじゃうと
他の犯人が「あいつに命令されてしぶしぶやったんですー」で誤魔化そうとする可能性もあるからどうも真相が明らかにならず
警察も報道も我々も永遠にモヤモヤし続けることになるんだよな
何がどうなったらそういう犯行を思い立つのかとか本当にそいつ主犯だったの?とか
(角田美代子の場合はまず間違いなさそうだけど)



207: 名無しさん@おーぷん 2015/06/07(日)03:37:15
自殺サイト連続殺人事件も気色悪いぞ
集団自殺を呼びかけて自殺志願者を誘っては嬲り殺しにしてその様子を撮影したビデオや被害者の苦しむ声が録音されたテープを集めていたやつ
最低でも3人殺している

楽しんで苦しめて殺しているから、自殺幇助ではなく純然たる快楽殺人に分類されている。

犯人は人の苦しむ姿を見て性的興奮を覚える性癖があり今までに何度も人の首を絞めたり口を塞いだり襲い掛かったりして前科があるのだが
単なる粗暴犯ではなく、標的にそれとなく示唆してメールやPCの履歴を削除させたりと
知能的なところもある

加えて白スクールソックスフェチ。
白スクールソックスを見ると履いている相手が男でも女でもムラッときて首を絞めたりスタンガンで襲ったりしてしまう。
供述によると、よほどの高齢者でもないかぎり男でも女でもよかったらしい。
殺害した被害者にも、わざわざ白スクールソックスを履かせていた。
公判の中で「(女性の裸を見て興奮したことは)今まで一度もない」と語っている。

IQは128と高く記憶力もずば抜けていたという説もあるが、だからどうしたという話は特に聞かない。
精神鑑定をした教授の一人は、検察側が採用した「性的サディズムとフェティシズムが動機」という鑑定書を否定し「彼は自分の欲望を抑え込もうと懸命に努力してきた。その点では自分に誠実で正義感が強い人だったといえるのではないか」と話している。
ただIQが高いという話が事実なら、この教授が騙されていた可能性も否定できなくなるが。
自分を抑え込もうと懸命に努力してきたというわりには、何か色々と悪質だし。



208: 名無しさん@おーぷん 2015/06/07(日)17:48:01
>>207

その事件の存在は知ってたがそんな妙ちきりんな内容だとは知らなかった



209: 名無しさん@おーぷん 2015/06/08(月)12:33:58
自殺サイト殺人の犯人は死刑になったよな

IQが高いイコール頭がいいというわけではなく
頭の良さの尺度は色々あるから(肉体能力でいうと背筋力が凄い→肉体能力全てが凄い、というわけではないのと一緒)こいつもどんなもんなんだか

第一、IQ高いというのはこの教授の見立てに過ぎないし



181: 名無しさん@おーぷん 2015/05/20(水)20:55:07
慢性厨二病か



n_yarumi2
ホント人間って恐ろしいわね


n_sie
白鳥さんがみやぞんに脳内変換されてしまったわ



1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年08月26日 ID:girlsvip-matome