no title

1: 匿名 2019/01/03(木) 01:01:04
【本当はこわい日本のしきたり】てるてる坊主は見せしめに殺された◯◯◯だった!? | ダ・ヴィンチニュース

わたしたちの日常生活に根付いている、日本のしきたり。『本当は怖い! 日本のしきたり 秘められた深い意味99』(平川陽一/PHP研究所)では、風習、年中行事、冠婚葬祭などにまつわる99のしきたりに隠された意味がまとめられている。本当は怖いしきたりの起源や意味を本書からいくつかピックアップして紹介しよう。


かつて大雨が降り続き、困り果てた国があった。「誰か、雨が降りやむ方法は知らないか」という為政者の声に、ひとりの僧侶が名乗り出て、雨を止ませる経を唱えた。しかし、いつまでたっても雨は止まず、「嘘つき」として僧侶は首をはねられ殺された。そして、その僧侶の首を布に入れて吊るしたところ、雨が止んだという。



4: 匿名 2019/01/03(木) 01:02:30
ひえーーーーーー



6: 匿名 2019/01/03(木) 01:02:55
夜中にこんな怖いトピあげないでくれ…
覗いた私が悪いのだろうけども。



8: 匿名 2019/01/03(木) 01:03:45
てるてる坊主てこと?



88: 匿名 2019/01/03(木) 02:12:27
>>8

まぁそうだよね。冷静に考えて吊るすためとは言え首に糸や紐を巻き付けるなんて人形とは言え残酷だよね



11: 匿名 2019/01/03(木) 01:04:03
でもこういう不気味な話好きー





9: 匿名 2019/01/03(木) 01:03:53
かごめかごめの話しとか??



22: 匿名 2019/01/03(木) 01:05:56
>>9

後ろの正面だーれ?って振り返ったら…
って奴ですか?



12: 匿名 2019/01/03(木) 01:04:12
長野の「おじろく」「おばさ」は本当に怖い



35: 匿名 2019/01/03(木) 01:09:55
>>12

思わず検索しちゃったじゃん・・・
【画像】封印された日本のタブー...人権を無視した某集落の奇習「おじろく・おばさ」 | ニコニコニュース

 長男以外の人間は、結婚もできず、世間との交流すら許されず、死ぬまで家のために奴隷のごとく働かされる......。いったい、いつの時代の、どこの国の話だと思われるかもしれない。しかしこれは、日本に20世紀まで実在した「おじろく・おばさ」と…




61: 匿名 2019/01/03(木) 01:26:07
>>12

長野住みだから検索しちゃった。
厄介とまで戸籍に書くなら何故産むのかな。
跡継ぎと、その長男の世話をさせるため?
自分が産んだ子によくそんなことできるなー



69: 匿名 2019/01/03(木) 01:35:58
>>61

昔は避妊なんて概念も方法も知らなさそうだから、とりあえず「デキたら産む」って感じじゃないかな?
もし産まれたのが男なら、長男が無事に家督継ぐまで何かあった時のためのスペアとしてキープというかストックしとけるし



77: 匿名 2019/01/03(木) 01:45:35
>>61

みんな20代からおかしくなってくらしいから男の子は長男に何かあった時の為の予備要因
あとは農業や家事などの労働要因だろうね
今の長男教なんか大分マシに思えるレベルだね



80: 匿名 2019/01/03(木) 01:50:22
>>61

避妊の方法も、妻に性行の拒否権も無い時代。
おじさおばさまでじゃなくても、二男以下は養子の口でも無い限り厄介者で働き手として飼い殺し、より貧しければ、女子は安いお金で売られた。生まれてすぐに間引かれる赤子も多かった。



93: 匿名 2019/01/03(木) 02:21:06
>>61

昔は働き手が必要だったからじゃない?
子供も大事な働き手、昔は機械も何もなかったからさ、人では必要だったらしいよ
だから、たくさん産んだんだとおもう



81: 匿名 2019/01/03(木) 01:52:14
>>12

こう言う風習って、どういうきっかけで無くなったのかね
無くなっていい風評だけど、きっかけってなんだったのかな?って気になる



95: 匿名 2019/01/03(木) 02:24:36
>>81

昔はテレビはもちろん、新聞とかもできる前で、他の地域との行き来もあまりないような田舎なら、そのしきたりがおかしいとかよそではそうじゃないってわからなかったんじゃないかな…
それが文化的な発展と共に廃れていくんじゃない?



186: 匿名 2019/01/03(木) 12:41:42
>>81

文明化の波と、西洋文化の人権思想の流入により徐々に無くなっていった。



15: 匿名 2019/01/03(木) 01:04:45
お雛様を3月3日の夜には片さないと嫁に行き遅れると言うのは本当なのかな?



24: 匿名 2019/01/03(木) 01:06:07
>>15

片付けてなくても行き遅れになることあるからセーフ



66: 匿名 2019/01/03(木) 01:32:43
>>24

同じことでは



31: 匿名 2019/01/03(木) 01:08:41
>>15

たぶん関係ないと思う。
親戚の叔母がキチンとやってたけど 従姉妹(42)はまだ独身
適当だったけど私は27で結婚した。
27も行き遅れになるのか分からないけどw



123: 匿名 2019/01/03(木) 06:07:16
>>31

閉店セール



32: 匿名 2019/01/03(木) 01:09:06
>>15

ずった出てたけど結婚したよ



40: 匿名 2019/01/03(木) 01:12:56
>>15

本当です。ソースは私。



70: 匿名 2019/01/03(木) 01:36:25
>>15

大丈夫よ、半年位飾ってたけど
20代前半戦で嫁に行けた



73: 匿名 2019/01/03(木) 01:37:47
>>15

子どもに言う「早く寝ないとおばけくるよ!」みたいなもんじゃないの?
片付けようとするとずっと飾っておきたいー!って駄々こねる子どもへの建前的な



79: 匿名 2019/01/03(木) 01:48:02
>>15

1か月出しっ放しにしてたら 私行き遅れてしまった。もう30代半ばなのに付き合ってもすぐ別れちゃう。なんで行き遅れるんだろうね。



98: 匿名 2019/01/03(木) 02:34:50
>>15

うちなんて雛人形自体が無い家(私が幼い頃祖母が買ってあげると言ってくれたんだけど、母が置く場所ないからいらないと断った)
30過ぎても結婚できる気配ない。

雛人形無くても結婚された方いますか?



167: 匿名 2019/01/03(木) 09:46:20
>>98

幼い頃から人形好きだったけど、貧乏で買って貰えなかった。
ちなみに結婚は25歳たったよ。
早いか遅いかと言えば微妙なライン。



169: 匿名 2019/01/03(木) 09:58:38
>>98
うちは雛人形なんてなかったけど結婚しましたよ。二回も笑
最初は25歳だったし行き遅れでもなく。
まあ、DVで離婚して30後半で再婚もしたけど、連れ子虐待されモラハラでまた離婚したから、結婚できたからって何とも言えないわ。



119: 匿名 2019/01/03(木) 05:08:11
>>15

私の親は4月まで出して5月の節句人形と入れ替わりで片付けてたけど、私は22歳で結婚したよ。



165: 匿名 2019/01/03(木) 09:41:02
>>15

大正生まれの祖母(かなり裕福な育ち)が、自分が子供のころはお雛様は三月半ばまで飾ってあったと言ってた。そんな迷信はなかったと。
多分近年になって言われ始めた事だと思う。



215: 匿名 2019/01/03(木) 17:02:04
>>165

旧暦で祝うというのが日本の伝統なんだから、全く意味ないことで悩むなよ。



220: 匿名 2019/01/03(木) 18:19:57
>>15


もともと雛人形なんか出してないけど結婚出来てない。



17: 匿名 2019/01/03(木) 01:05:02
昔って、人柱や生贄なんかも普通にあったから怖いよね。



33: 匿名 2019/01/03(木) 01:09:25
>>17

そう言えば意味は知ってるけど、その行為自体は詳しく知らなかったりする。ノンフィクションもので本が出てたりするんだろうか。

誰か詳しい人いるかな?



18: 匿名 2019/01/03(木) 01:05:10
確かにてるてる坊主の歌はちょっと悲しげなメロディだね。



19: 匿名 2019/01/03(木) 01:05:21
てるてる坊主のてるてるって照る照るなの?



21: 匿名 2019/01/03(木) 01:05:53
布に入れて吊るしたの?
重さ的に大丈夫だったの?

逆さならわかるけど。



25: 匿名 2019/01/03(木) 01:06:36
耳なし芳一の話、子供の頃に知って驚愕した。あの話の教訓は何??



125: 匿名 2019/01/03(木) 06:28:33
>>25

うっかりミスに注意って事かな?



160: 匿名 2019/01/03(木) 09:17:26
>>25

普通に詰めが甘いと痛い目見るぞって事だろ。



187: 匿名 2019/01/03(木) 12:44:43
>>25

ただのホラー話。 昔話に教訓なんて無いよ。
意味不明な話ばっかりだよ。
何で、必ず教訓が含まれると思うんだろう?
イソップ寓話は教育目的だから、教訓が含まれるけど。



26: 匿名 2019/01/03(木) 01:07:16
はないちもんめ とか・・・



27: 匿名 2019/01/03(木) 01:07:16
童話もそんな話があるから信じる信じないはそれぞれ



28: 匿名 2019/01/03(木) 01:08:01
私は名前からてるてる坊主と呼ばれ、歌も目の前で何人も歌われて来たのに。。。



183: 匿名 2019/01/03(木) 12:31:08
>>28

ドンマイ、てるみ。



36: 匿名 2019/01/03(木) 01:10:00
狐の神社は粗末にすると怖いよ



52: 匿名 2019/01/03(木) 01:18:05
>>36

お稲荷さん(稲荷神)を熱心に信仰し祈願すると,どんな願い事でも叶えてくれるが,作法にしたがってお礼参りをしなければ狐に取り憑かれる,あるいは罰を下されるなどと恐れられ,その理由は,稲荷神は狐の動物霊であるからだといわれています。



74: 匿名 2019/01/03(木) 01:38:56
>>52

ちょっとした疑問なんだけど、伏見稲荷大社で、お参りするより写真撮るのに夢中で参道をふさいでたり、マナーなってない人沢山見かけるけど、そうゆう人には罰当たりな事何かしらあるかな?



144: 匿名 2019/01/03(木) 08:22:29
>>74

その程度で祟るほど伏見さんは低い神様じゃない。
だけどそんな不届き者は当然身勝手なお願い事をしてるだろうからスルーされるでしょう。



101: 匿名 2019/01/03(木) 02:42:00
>>52
 前半は合ってるけど、お稲荷さんは実際の狐とは関係ないんだよね。動物の狐とは全然違う。ある一定の種類の霊系、霊体を『狐』とか『戌』とかで表して種類分けしただけで、動物霊ではない。



139: 匿名 2019/01/03(木) 08:06:54
>>101

横ですが…

稲荷神(いなりのかみ、いなりしん)は、稲を象徴する穀霊神・農耕神「稲荷」とは食物の神(ウカノミタマ)、キツネ(御食津神)、油揚げ、稲荷寿司旅芸人が町回りで立てる細長い旗などを指す語
稲荷大明神(いなりだいみょうじん)、お稲荷様、お稲荷さんともいう…って説明あるよ。



191: 匿名 2019/01/03(木) 12:59:52
>> 36

お稲荷さんは、狐の神様ではありません。
神使が狐なんです。
ウカノミタマノカミで、稲魂の神様です。(伏見稲荷、関西に多い)
関東に多いのは、荼枳尼天の豊川稲荷です。
荼枳尼天は元は夜叉羅刹の類なので恐ろしい神ですが、仏教に帰依し守護神となりました。
最近、言われている龍神系・稲荷系はなんの根拠もありません。
テレビの朝の占いレベルで見ると面白いですが。



199: 匿名 2019/01/03(木) 14:21:04
>>191

そうだよね。神社の参道の狛犬や天満宮の牛が神様じゃないのと同じで、稲荷の参道の狐も神様自身じゃなくてそのお使い





39: 匿名 2019/01/03(木) 01:11:34
門松は打ち首



44: 匿名 2019/01/03(木) 01:13:31
>>39

怒った家康が門松の竹を「武田の首」に見立てて削ぎ落とし、そぎ型の門松が誕生した、というのはデマらしいよ

本当は「門松は、いわゆる年(歳)神とか歳徳神の祭りを、年棚、歳徳棚を前にして行うために、門口や棚の上に、その神霊を依りまさしめる代(しろ)として据え立てたものである。」だって
門松の起原についての流布説の出鱈目 - うたことば歳時記

門松の起原について、一般に説かれていることがとんでもない出鱈目であることについて、既に小論を公開していましたが、さらに新資料を加えましたので、古い物を破棄して新たに改訂版として公表します。ウィキペディアやネット情報、また一般の年中行事解説書が根拠...




173: 匿名 2019/01/03(木) 10:42:10
>>44

関連するかもだけど、地元山梨では武田一門を偲び、門松の竹頭を切らないタイプが結構あります^^



48: 匿名 2019/01/03(木) 01:15:15
松江城は人柱してるから松江で盆踊りしてはいけない。



176: 匿名 2019/01/03(木) 11:45:06
>>48

古墳とかもそうだよね。
手塚治虫の火の鳥見て、古墳とか怖くなった。



179: 匿名 2019/01/03(木) 12:23:00
>>176

古墳のは殉死。 人柱や生贄とは意味が違う。

古墳を作る時の殉死を止めさせたのは、野見宿禰。
相撲の神様になった人で、土師氏の祖。
殉死者の代用として、埴輪を考案した。
伝説だけどね。出典は日本書紀の垂仁天皇の条。




49: 匿名 2019/01/03(木) 01:15:27
てるてる坊主の歌も歌詞怖いもんね

そなたの首をちょん切るぞー♪



54: 匿名 2019/01/03(木) 01:20:15
てるてる坊主の曲って音程暗いよね



55: 匿名 2019/01/03(木) 01:21:46
とおりゃんせ はメロディからして怖い



56: 匿名 2019/01/03(木) 01:21:50
坊主の頭を布でくるんで吊るしたら、頭の重みでまともに吊るせなくない?
逆さになるかズルズル落ちること必至じゃん。
どう考えてもはねた首は晒すと思うし、そんなのとしたら死罪でっせ。
それに貴重な布を使うかね。。
坊さん殺しは仏教では確実に普通の地獄の1000倍とかやばいエクストラレベルの阿鼻地獄に落とされるよ。
迷信を信じる人がエクストラな地獄に行きたいとはどうしても納得いかない。まあ知的レベルが皆無の僻村ならいざ知らず。



57: 匿名 2019/01/03(木) 01:23:01
しゃぼん玉とか意味知ってから切なくなるよね。



62: 匿名 2019/01/03(木) 01:28:18
稲荷神社は豊穣の神様を奉る神社で、お狐さまは作物を食い荒らす害獣をやっつけてくれてた神様の使いだよ
祟るとかそういう話は後付けじゃないのかな
豊穣をお願いするだけしといて後は粗末にするようじゃいけないって意味で
だって人が生きるうえで作物の出来具合はとても大事だもん



68: 匿名 2019/01/03(木) 01:34:38
こういうの、本当かどうかってわからないよね
誰かがこじつけたのが広まって本当っぽく伝わってるのもあるし



71: 匿名 2019/01/03(木) 01:36:49
しきたりってか風習なんだけど
88になる祖母の近所で腹違いの兄弟にして夫婦がなん組かいた
正妻と愛人の子ども同士結婚させて財産で揉めないようにしたんだって
父親が認知しなければ戸籍上は他人だから普通にくらしてる



197: 匿名 2019/01/03(木) 13:46:38
>>71

怖すぎて震えた



75: 匿名 2019/01/03(木) 01:40:22
「うしろの正面だあれ?」って
冷静に考えると怖いよね

「うしろにいるのはだーれだ?」とかなら遊びっぽいけど
「うしろの正面」っていう言葉のチョイスが怖い



76: 匿名 2019/01/03(木) 01:43:48
>>75

私もそこが前から怖かったです。
「夜明けの晩に」も
「(滑りようがない)鶴と亀が滑った」も怖い。



78: 匿名 2019/01/03(木) 01:46:55
座敷わらしって、口減らしのために殺された赤子達なんだよね。
東北ではそういうとき石臼の下敷きにして殺し、墓ではなく土間や台所などに埋める風習があるから
間引きを「臼殺」て言うとか…wikiに色々書いてある。



83: 匿名 2019/01/03(木) 01:57:26
時代なのかも知らないけど長野の風習びっくりだね。
まぁでもうちは兵庫で父は田舎の次男でかなり虐げられてきた。その影響で孫の私達もそんな感じだったなー。
そのせいで父姉私の性格も歪んでるし

今ならじいさんにケリの一発でも食らわしてやりたいけど、しんでるしね。



105: 匿名 2019/01/03(木) 02:49:27
>>83

時代もあるけどやっぱり地域性じゃないのかな。
うちの祖母は宮崎の本当に山奥の今は廃村になった村出身だったけど兄弟姉妹7人、貧しくてもかなり大切に育てられたみたいだよ。
だからか皆のんびりした優しい人ばかりだった。



142: 匿名 2019/01/03(木) 08:12:46
>>105

宮崎県民は今でもおっとりしているとかいわれてるよね。
気候が暖かなところは人間もあまり殺伐としていない気がする。
今と違って、雪国なんかは作物もあまり取れなかっただろうから、生活が厳しかったっていうのもあるのかも。



86: 匿名 2019/01/03(木) 02:00:56
今の渋谷で暴れたりインスタ映えで迷惑かけてる奴らの方が人間的にマシなレベル笑
昔の人っておかしいよね。
教育うけてないから?犯罪も昔の方がおおかったよね。



193: 匿名 2019/01/03(木) 13:05:52
>>86

子供を間引く、婆を山に捨てる、子供ができない女は追い出す、女子供の扱いetc
今の法律に照らし合わせたら大変なことになるね。



89: 匿名 2019/01/03(木) 02:15:00
私が子供の頃は学校のおたよりに「父兄」ってよく書かれてたけど男尊女卑の時代の名残だって最近知った。今は差別用語だから一切使われないみたいだけど、平成なかばまでこんな言葉が使われてたなんて



92: 匿名 2019/01/03(木) 02:21:03
チコちゃんに叱られるぞ
ルーツは中国の切り絵だってさ

no title



158: 匿名 2019/01/03(木) 09:13:09
>>92

諸説ありますなんだよ



97: 匿名 2019/01/03(木) 02:31:08
小さい頃からてるてる坊主作ろうとしたら母親に怒られてた。
良いものじゃないから絶対作るなって。

その頃はなんでだべ、って思ってたけど、
ちゃんと意味があったんだね



104: 匿名 2019/01/03(木) 02:48:37
>>97
 人形(ひとがた)に願い事ってテキトーな気持ちといい加減な作法で安易にやっちゃいけない。低級な霊が寄って来るって聞いた。



103: 匿名 2019/01/03(木) 02:47:14
やばい
トイレ行きたくなってきた・・・



106: 匿名 2019/01/03(木) 02:50:19
『信じるか信じないかはあなた次第です。』



120: 匿名 2019/01/03(木) 05:11:38
うちの地域はお地蔵さんが沢山あって、名物みたいになっているけど……元は首切りの処刑場所で幽霊出てやばいので立てたのが始まり。
今でも雨が降ると出ると言われている。@鳥取
そしてそれが呼応するかのようにそのあたりにはお寺がひしめき合っている。
しきたりっていうかいつからあるかわからないような古いお地蔵さんのある場所を調べると結構シビアな歴史がある。



121: 匿名 2019/01/03(木) 05:22:49
確かにあのてるてる坊主は絶対なんかあると子供心に思ってた。首吊ってる人に明日天気になあれ!ってお願いしてる感じで怖さ通り越して笑うわw



128: 匿名 2019/01/03(木) 07:07:55
日本に限らないだろうけど、 生贄を捧げる事に関して 弟が言った言葉が忘れらない。

「昔は願いをかなえて欲しくて よく神さまに生贄を捧げたりしてたけど、
神さまにしてみれば、いい迷惑だったんじゃねえか?
『ワシ、人なんて食わんし、 悪魔のイメージとダブってるんと違うか!?』って 神さまが言いそうだな。」と。
確かにそうだよね。



138: 匿名 2019/01/03(木) 08:06:13
>>128

それはキリスト教の神様のイメージなんじゃないかな。日本の八百万の神々は自然そのものでいいこともしてくれるけれど、理不尽なこともする感じで決して人間にとって優しいだけの存在ではない。



148: 匿名 2019/01/03(木) 08:33:09
>>128

水神様『あー氾濫してぇ!イライラ』
人間『困った…せや!人柱や!』
水神様『えぇぇ…そこまでしなくても…』



206: 匿名 2019/01/03(木) 15:30:38
>> 128

>> 138

でも、聖書では悪魔より神様のほうが人を沢山殺めているし、残酷w



132: 匿名 2019/01/03(木) 07:48:42
何年か前のテレビ番組で

水(川)をすごく怖がる女性が居て
その女性は前世で 川の氾濫を止めるために人柱にされて死んだらしい

上流の村から下流にかけて村がどんどん飲み込まれて
もうすぐその女性の村が危ないって時に その村の偉い人(村長かお坊さん)が 人柱を立てようと提案して 身寄りのなかったその女性にしたって話

女性の記憶を辿って調べると その村で確かにそこ事実が残ってたらしい

人柱って 結構 多くあったんだろうなぁ

キジも鳴かずば撃たれまい だっけ?
あれも病気の娘のために父親が栄養あるものを盗んで娘に食べさせて
娘が手毬唄で「お父さんが○○を食べさせてくれた」って歌ってたら それを聞いてた村人が盗みを知って そのお父さんは人柱にされたって 昔のアニメで見たけど

人柱 怖い





146: 匿名 2019/01/03(木) 08:28:30
>>132

その、◯◯に入る言葉は「キジ」じゃないの?ブルブル((( ;゚Д゚)))



168: 匿名 2019/01/03(木) 09:51:43
>>146

小豆と米だったような。
作ってあげたのは小豆粥だったかな。

普段ならそれくらいの盗みは見過ごしてあげるけど、村の存亡がかかった時だったから人柱にされたんだよね。あまりにかわいそすぎると反対意見もあったみたいだよ。



135: 匿名 2019/01/03(木) 07:55:23
岐阜 郡上八幡城にはこう書いてあります

no title



143: 匿名 2019/01/03(木) 08:13:09
私が聞いた童謡の怖い歌は 『むすんで、開いて』です。
むすんで開いて手を打ってむすんで。また開いて手を打ってその手を上に。
囚人の手をひもで結んで、その手を無理矢理に開いて釘か何かでその手を打つ。
同様に反対の手も打つ。

そして最後は縛った手を吊し上げてみせしめにする。

って意味だと聞いた事あります。



147: 匿名 2019/01/03(木) 08:29:18
「指きりげんまん」の「指きり げんまん 嘘ついたら針千本飲ます 指きった」の由来が怖い
「指きりげんまん」の歌詞が怖い理由は、江戸時代の遊郭に関係してる。
江戸時代、遊郭の遊女は様々な男性と関係を持っていたので、その中で本気で好きになった男性に愛を誓うときは、左の小指を切り落として相手の男性に贈ることで自分の誠意を伝えていた。
この遊女の愛の誓いを「指切り」と言っていた。
その後、約束をするときは、指切りのことをうたったわらべ歌を歌うようになり、わらべ歌が歌い継がれるうちに、「指切り かねきり 嘘言うと指が腐るよ」、「指切り かねきり 高野の表で血吐いて来年腐って又腐れ」、「指きり げんまん 嘘ついたら針千本飲ます 指きった」という歌詞になった。



151: 匿名 2019/01/03(木) 08:46:29
>>147

もちろん自分の指をおくることもあったけど、せっかく指切ったから刑場に行って死体の指を切ってきて複数の客に自分の指としてをおくる遊女もいた
客側もわかってて だまされてるフリをするのが粋なこととされてた



152: 匿名 2019/01/03(木) 08:47:23
今の感覚でいうと口減らしって考えられないけど、昔って「子供」の概念がなかったんだよね。
欧州でも産業革命以降に子供の重労働が問題になってやっと「子供=守るべきもの」っていう認識になった。
老人も然りで、近代になって守るべきものってなった。
それまでは、子供も大人も老人もなくてみんな「人間」だった。



172: 匿名 2019/01/03(木) 10:21:45
>>152

水木しげる先生の自伝漫画に水木しげる少年が海で泳いでるとむしろで簀巻にしたものが流れてきて中を確認してビックリする(赤ちゃんの遺体)。父親に話すとそれは「海藻とらした」だなと言った。ようするに口べらし。もちろん供養はしない。日本だけしゃないけど昔って色々恐ろしい。



154: 匿名 2019/01/03(木) 08:53:15
神社の境内にペットを連れて行っちゃダメ
狛犬やお稲荷さんなど動物が守っているから



221: 匿名 2019/01/03(木) 18:26:33
>>154


でも神社の看板犬とか居てテレビに出たりするよね。考え過ぎなんじゃない?



223: 匿名 2019/01/03(木) 18:49:48
>>154

別に動物を連れて行くのは構わない。
神馬がいる神社もある。

ペットの散歩で粗相をして不浄の落し物をしていくのが悪い。
神域ですし。
日本の神様は不浄を嫌い清浄を好むから。



227: 匿名 2019/01/03(木) 19:20:44
>>154

昔、伏見稲荷行った時かわいい猫がいたから騒ぎながら写真撮ろうとしたその拍子にカメラ落とした事があって稲荷いた間カメラが作動しなくて自宅に帰宅してようやく直った事があった。
狐様がお怒りになったと思った出来事でした。



171: 匿名 2019/01/03(木) 10:08:18
最近は子供表記じゃなくて、子どもかこどもになってるんだよね。お供えという字があるから!という人がいるから



185: 匿名 2019/01/03(木) 12:37:08
>>171

言いがかりだよね〜。



174: 匿名 2019/01/03(木) 11:32:39
お雛様の話がチラホラ出てるけど
ウチの母親は3月3日の夜にはお雛様をしまってたけど、アラサーになっても結婚出来ない私がいます。
なので しまう時期なんて関係ないと思います。

因みに四捨五入したら40になります😂



175: 匿名 2019/01/03(木) 11:43:29
お年玉と言う日本のしきたり
誰が決めたん?
あれ本当無くして欲しい
この2日間でお年玉だけで8万は飛んで行った💸💸💸💸💸💸💸💸



216: 匿名 2019/01/03(木) 17:03:44
>>175

親戚多いんだね



225: 匿名 2019/01/03(木) 18:57:48
>>175

昔はお餅やお菓子だったんだって。
アジアには、新年を祝ってお金やお餅を配る文化が広くある。
子供達だけじゃなくて大人にも配ったり、成人した子供が父母に感謝を込めて送る文化もある。



177: 匿名 2019/01/03(木) 11:47:57
来月娘が100日を迎えるから、お食い初めをするので義理実家に行かなきゃならないけど
あれは伝統的なしきたりなんですか?



180: 匿名 2019/01/03(木) 12:27:08
>>177

そうですよ。
関東では、歯が丈夫になるように石を食べさせますが
関西では蛸です。

昔の赤ちゃんの死亡率は恐ろしく高かったですから。
赤ちゃんが無事に100日を迎えられた事は喜ばしい事です。

そして、これからの安泰も祈る行事です。
皆が祝ってくれるのはいい事ですよ。



178: 匿名 2019/01/03(木) 12:09:40
昔は赤ちゃんが100日間生き長らえてくれた事に感謝してお祝いしたのでしょうね。
食うに困らない人生をという願いも込めてお食い初めも。
人が集まって祝い事をする事はそれだけで厄祓いの意味を成しますし。



188: 匿名 2019/01/03(木) 12:48:04
>> 178

>> 180

ありがとうございます。
とても喜ばしい事なんですね😊



192: 匿名 2019/01/03(木) 13:02:57
関西ではめばちこの事を、ものもらいと言います。
そして「めばちこ、あげます」と道端に張り紙を道にすると
それを見た人が、ものもらいが移って持っていってくれるそうです。



194: 匿名 2019/01/03(木) 13:19:45
>>192

間違えた。
「ものもらい、あげます」
だから、ものもらいっていうのか〜と子供心に思った。



207: 匿名 2019/01/03(木) 15:38:17
しきたりって言うほど気軽なものじゃないけど
即身仏の存在を知った時は怖かった
そしてこういうイラストも用意してるいやすとやスゴイ

no title



236: 匿名 2019/01/03(木) 20:24:02
>>207

即身仏というのは怖いものではなく、飢饉などの多かった昔、
僧侶が自らが仏になって民を救うためにあえて行った尊いものだと聞きました。



214: 匿名 2019/01/03(木) 16:58:37
昔の日本の「村」ってなんだかすごいね。
おじろく おばさはその天龍村独自のものみたいだけど、それって何百年に渡ってあったんでしょ。
日本の場合「人権」「自由」という概念は欧米人によってもたらされたもので
明治維新があっても都会で学問に触れていたり、そういう人が身近に居ない人はいつまでも貧困と因習の中で生きていて、幸不幸の問題ではなくそういう生き方しか出来なかった。

今でもいろいろな意味で日本って本当に貧しいけど、明治大正昭和とそんな日本的因習を抱えながらよくもまぁ西洋化して文明化できたものだよね。
ある意味凄いわ、日本って。



224: 匿名 2019/01/03(木) 18:53:23
>>214

ヨーロッパの村もそんなもんだよ。



219: 匿名 2019/01/03(木) 17:53:35
こういうトピ久々な気がする。
しきたりというか民俗学寄りの怪談って感じのトピだね。
こういうジャンルの面白いところってさ、口伝によってどんどん形を変えていくところだから、聞き齧ったものでいいからどんどん色んな話聞きたい。

ちなみにうちの地域は座敷わらし信仰がある田舎で、ちょっと古いおうちなら商家でなくとも座敷わらし用の御座敷があったりする。
座敷わらしといったら福の神のような位置付けだけど、うち一帯では口減らしによって命を絶たれた童の供養のためって感じみたい。
座敷わらしも地域によって大分違うよね。



228: 匿名 2019/01/03(木) 19:46:04
地名にもあるよね。
梅が入っている地名は土砂崩れの危険があるとか。
埋が梅に変えられているんだって。



231: 匿名 2019/01/03(木) 20:01:26
親戚から「こけし」は「子消し」の意味があると聞かされました
ちょっとゾッとした



引用元:https://girlschannel.net/topics/1955613/



n_yarumi2
てるてる坊主苦手だった人たくさんいそう


1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年01月07日 ID:girlsvip-matome